肩の痛み

肩について

2021年7月16日更新

整形外科 江草 真

五十肩のイラスト

肩の痛み、コリはよくある症状です。五十肩だからと放っておいてもよいでしょうか?実は治らない五十肩もあります。また五十肩も治し方を間違えると、治るのが非常に遅くなります。肩の痛みの多くは治療をすることで改善が可能です。おかしいと感じたら早めの受診をお勧めします。

正常な肩

正常な肩のイラスト

正常な肩の図です。

五十肩とは?

五十肩のイラスト

肩の痛みの代表です。肩の違和感から始まり、夜間の痛みが出現するようになり、腕の動きが悪くなります。それを過ぎると腕がまた動くようになっていきます。必ず治るものですが、治し方を間違えると痛みが引くまでに2~7年かかる人もいます。

治療法

痛みが落ち着くまで、安静にするのが一番です。痛みがあるのに無理に動かすと余計に悪くなります。痛みがひどく寝られない場合は、我慢せず肩の注射や薬で痛みを改善させると早く治ります。血糖値が高い人、糖尿病の人は治りにくいです。糖尿病をしっかり治療することにより、痛みが改善します。

肩腱板断裂(かたけんばんだんれつ)とは?

肩腱板断裂のイラスト

肩の腱が切れた状態で、肩はよく動くのに特定の角度で痛みが出ます。ある程度リハビリで改善させることはできますが、痛みが続く場合が多いです。切れた腱板は自然には治らないので、痛みが続く場合は手術することで改善します。近年、関節鏡で手術することが主流になりました。

治療法

肩腱板断裂の手術写真

全身麻酔で手術をおこないます。手術時間は2~3時間で、小さな切開で関節鏡を見ながら修復します。

肩腱板断裂性関節症とは?

肩腱板断裂性関節症のイラスト

肩腱板断裂を放っておくと、肩の軟骨が摩耗して痛みが出ている状態に移行します。それを肩腱板断裂性関節症といいます。
2014年から日本国内に導入されたリバース型人工肩関節により、肩が痛くて上がらない人も手術をすることで痛み、動きを改善することができるようになりました。

治療法

肩腱板断裂性関節症の手術写真

肩の前方に10㎝切開し、人工関節を挿入します。手術時間は1~2時間で、術後は装具を着用します。当院では、術後調子よければ最短7日で退院が可能です。
退院後は定期的なリハビリ通院が必要で、かかりつけの先生の所でも可能です。

 

診療科

 

合わせて読みたい記事

086-276-3231
診療時間
受付
午前
8:30〜12:00
午後
14:30〜16:00
休診日
木・土午後 / 日・祝
発熱や風邪に似た症状がある方へ