患者さんの権利と責務ついて

患者さんの権利

当院は経営の基本方針として、人間尊重、情報公開、共育の実践、癒しの環境整備、地球環境への配慮を掲げて、経営理念を追求し、よりよい病院を目指してまいりました。私達職員は、経営理念に基づいた、患者さん本位の医療を実践するために、患者さんの権利(right=あたりまえのこと)を尊重し、実践に向けて努力するよう、宣言を公表いたします。

「患者さんの権利」宣言

1.人間尊重の権利

「人格」を尊重しおもいやりのある医療をうける権利があります。

2.公正な医療をうける権利

差別されることなく、公正な、最良な医療をうけることができます。

3.診療情報に関する権利

当院でおこなわれたご自身の診療に関する情報提供をうける権利があります。
※患者さんご本人による診療録開示請求があった場合、診療録の開示をおこなっております。詳しくは、総合受付へお問い合わせ下さい。

4.インフォームド・コンセントと自己決定権

医療の内容、治療方法、検査内容、危険性などわかりやすい言葉で説明をうけ、理解し、納得のもとに適切な医療をうける権利があります。
また、医療方針について、他の医療機関での医師のセカンドオピニオンをうけることができます。そのために診療情報を請求することができます。
※インフォームド・コンセント・・・「十分な説明を受けた上での同意」を意味します。

5.プライバシーの保護と秘密保持

当院での可能な範囲で、他人に侵害されない権利があります。

6.ケア(医療と介護)の連続性を求める権利

自分のケアの連続性を期待し、病院がどのような保健施設や教育機関と連絡がついているかに関する情報をうけとることができます。

患者さんの責務

病院は公共の場であり、お互いの協力なくして、快適な医療環境は提供できません。患者さんには以下の責務がありますので、必ず遵守されるようお願いいたします。

  1. ご自身の健康情報を提示し、積極的に治療へ参加すること
  2. 医師・看護師をはじめ職員の指示に従うこと
  3. 病院の快適な医療環境の維持に協力すること
    ・病院内で大声を出したり、他の患者さんに迷惑となる行為をしないこと
    ・診療行為の妨げとなる暴言や脅迫的な言動をしないこと
    ・他の患者さんや職員に対して暴力やハラスメント行為を行わないこと

※以上により、危険を感じた場合は、速やかに警察へ通報いたします。また、退院措置をとる場合もあります。

なお、職員からのお願いや注意に反して当院のルールが守られない場合、院内の安全や良好な医療環境を保てないと判断した場合には、入院の受入れや、診療契約の継続をお断りする場合があります。あらかじめご了承ください。

臓器提供について

当院は、脳死からの臓器提供が可能な施設です。
ご希望であれば、移植コーディネーターに臓器提供について相談できます。ご本人の臓器提供の意思が確認できるものをお持ちの場合は、ご提示ください。

診療情報の開示

当院では「診療情報の開示」をしています。患者さんご自身の診療に関することは、何なりとおたずねくださ い。
患者さんの病気について、十分な説明をするよう努めています。わからないこと、相談したいことは医師また は看護師、受付までお申し出ください。
開示総件数令和2年1月~12月末まで・・・77件

086-276-3231
診療時間
受付
午前
8:30〜12:00
午後
14:30〜16:00
休診日
木・土午後 / 日・祝
発熱や風邪に似た症状がある方へ