診察について

循環器内科

心臓のみならず、四肢血管へのカテーテル治療を、当院では積極的におこなっています

当院では、運動器の専門病院であるという特徴を活かし、他院ではあまりおこなわれていない歩くと足が怠くなってしまい歩けなくなる「跛行(はこう)」症状に対する各種治療や、五十肩の中でも夜間寝る時まで痛みが続く、重度の肩関節周囲炎に対する『運動器カテーテル治療』を積極的におこなっています。症状に悩まれている方は、是非一度ご相談下さい。

主な疾患と治療法

疾患名 閉塞性動脈硬化症
主な症状
跛行症状
検査内容
下肢動脈エコー、下肢・上肢動脈血圧比測定検査(ABI)
治療方法
神経原性跛行→整形外科手術
血管性跛行→監視下運動療法、運動療法のみで症状がコントロールできない場合はカテーテル治療
疾患名 四十肩、五十肩(肩関節周囲炎)
主な症状
肩の痛み、可動域制限、夜間痛
検査内容
MRI、エコー
治療方法
夜間痛がひどく、薬や湿布で改善しない場合には、カテーテル治療もおこなっています。
部長
吉岡 亮

卒業年数 平成13年

運動器に特化した循環器内科を目指しています

当科は、全国でも珍しい運動器を対象とした循環器内科です。
血管の狭窄、閉塞に対する従来のカテーテル治療のみならず、東京のオクノクリニックと提携して、重度の四十肩、五十肩に対する運動器カテーテル治療も開始しました。
皆さんを悩ましている症状を、一緒に改善していきましょう。

専門分野
循環器内科
取得資格
日本内科学会認定総合内科専門医、日本循環器学会循環器専門医、日本心血管インターベンション治療学会専門医、日本脈管学会専門医、浅大腿動脈ステントグラフト実施医、腹部ステントグラフト実施医、ICLSインストラクター、JMECCインストラクター、日本フットケア足病医学会中四国支部評議員、麻酔科標榜医

当院について

086-276-3231
診療時間
受付
午前
8:30〜12:00
午後
14:30〜16:00
休診日
木・土午後 / 日・祝
発熱や風邪に似た症状がある方へ