診察について

循環器内科

下肢跛行外来

歩行をした際に、次第に足のふくらはぎ付近が重だるくなって歩くのが困難になる症状を、「跛行(はこう)」と言います。跛行症状は、休むと数分で元に戻る一方で、また歩き始めると症状が再度起こるという特徴があります。原因として、神経が骨などに押されるためにおこる「神経原性跛行」と、足の動脈が狭くなる、もしくは閉塞する事でおこる「血管性跛行」があります。当院は、どちらにも対応できますので、症状がある方は気軽にご相談ください。

主な疾患と治療法

疾患名 閉塞性動脈硬化症
主な症状
跛行症状
検査内容
下肢動脈エコー、下肢・上肢動脈血圧比測定検査(ABI)
治療方法
神経原性跛行→整形外科手術
血管性跛行→カテーテル治療
吉岡 亮

卒業年数 平成13年

専門分野
循環器内科
取得資格
日本内科学会認定総合内科専門医、日本循環器学会循環器専門医、日本心血管インターベンション治療学会専門医、日本脈管学会専門医、浅大腿動脈ステントグラフト実施医、腹部ステントグラフト実施医、ICLSインストラクター、JMECCインストラクター、日本フットケア足病医学会中四国支部評議員、麻酔科標榜医

当院について

086-276-3231
診療時間
受付
午前
8:30〜12:00
午後
14:30〜16:00
休診日
木・土午後 / 日・祝
発熱や風邪に似た症状がある方へ