診察について

リハビリテーション科

急性期入院を主としている

入院中の脳・神経疾患のリハビリテーションが中心。退院後の運転再開支援と嚥下障害への検査・訓練は外来診察で行っている。

主な疾患と治療法

疾患名 高次脳機能障害
主な症状
認知・注意力・記憶力などの低下、失語症
検査内容
心理テスト、失語症検査、運転能力評価
治療方法
作業療法、言語聴覚士による機能訓練と家族指導
疾患名 嚥下機能障害
主な症状
誤嚥性肺炎、食事に関するムセ
検査内容
嚥下問診、ビデオ嚥下内視鏡検査(VE)、ビデオ嚥下造影検査(VF)
治療方法
誤嚥を起こさない食事形態や水分トロミを判定、食事姿勢、代償法の指導
顧問
長谷川 寿美玲

卒業年数 昭和47年

脳血管障害、骨折などの寝たきりや高齢で起こりやすい廃用予防

高齢に伴う、認知障害や嚥下障害を理解して、患者・家族の協力、地域で生活するための支援を心掛けます。運転再開の相談に応じてます。

専門分野
脳血管障害、神経筋疾患、高次脳機能障害
取得資格
日本リハビリテーション医学会専門医、日本リハビリテーション医学会臨床認定医、義肢装具適合判定医、身体障害者福祉法15条指定医、介護支援専門員、人間ドック健診情報管理指導士、TNT認定医師
086-276-3231
診療時間
受付
午前
8:30〜12:00
午後
14:30〜16:00
休診日
木・土午後 / 日・祝
面会
一般病棟
8:00〜20:00
集中治療室
12:15〜13:15
18:00〜20:00