診察について

脳神経内科

脳神経内科とは

脳神経内科は、脳、脊髄、末梢神経、筋肉の病気を診る内科です。頭痛やめまい、手足の力が入りにくい、手足の震え、しびれや痛み、歩きにくい、しゃべりにくい、飲み込みにくい、つっぱる、ひきつける、もの忘れなどの症状から、意識障害、ものが二重に見える、まぶたが下がる、手足がかってに動くなど様々な症状があります。
脳血管障害(脳梗塞、脳出血)、パーキンソン病、多系統萎縮症、筋萎縮性側索硬化症などの神経変性疾患、アルツハイマー型認知症などの認知症性疾患、多発性硬化症、重症筋無力症などの神経免疫疾患、ギラン・バレー症候群などの末梢神経障害、多発性筋炎などの筋疾患、てんかん、脳炎など、急性期疾患から慢性進行性疾患まで、多岐にわたる疾患の診断と治療をおこなっています。
全身の状態を含め総合的、専門的(血液検査、MRIなどの画像検査、神経生理検査など)検査を行い、症状の原因を究明して診断し、専門的に適切な治療に結びつけることはもちろん、診断によっては専門科(脳神経外科、内科、整形外科など)に紹介をさせていただくこともあります。また、慢性的に進行し、根本的治療が困難な場合には、地域でより良い療養生活を送れるよう、病気の注意点やケアの方法になどを地域の先生方を含め多職種、多施設と連携しています。

部長
北山 通朗

「何かおかしいな」と思ったら脳神経内科へご相談を

現在、7名の脳神経内科専門医(うち常勤4名)が毎日診療にあたっています。
「このような症状どこに行ったらいいのだろう?」「何かおかしいな?」と思ったら、一度脳神経内科へご相談していただければと思います。

専門分野
日本神経学会神経内科専門医・指導医
日本内科学会認定内科医

神経変性疾患全般(パーキンソン病、筋萎縮性側索硬化症など)
神経免疫疾患(多発性硬化症、重症筋無力症など)
認知症(日本認知症学会専門医、認知症サポート医)
神経病理
臨床倫理(日本臨床倫理学会臨床倫理認定士)
大野 学

卒業年数 平成3年

専門分野
脳神経内科全般、神経超音波
取得資格
日本神経学会神経内科専門医、日本内科学会認定内科医
永井 太士

卒業年数 平成15年

専門分野
脳神経内科全般
取得資格
日本神経学会神経内科専門医、日本内科学会総合内科専門医
濵口 敏和

卒業年数 平成20年

専門分野
てんかん、脳神経内科一般
取得資格
日本神経学会専門医、日本てんかん学会専門医、日本内科学会認定内科医

当院について

086-276-3231
診療時間
受付
午前
8:30〜12:00
午後
14:30〜16:00
休診日
木・土午後 / 日・祝
発熱や風邪に似た症状がある方へ