腰の痛み

ヘルニアについて

2020年8月28日更新

整形外科 土井 英之

腰椎椎間板ヘルニアとは?

腰椎椎間板ヘルニアのイラスト

腰には椎体というブロックのような骨と、その間に椎間板というクッションの働きをしている部分があります。椎間板が飛び出して、そばにある神経を圧迫して症状が出た状態を「腰椎椎間板ヘルニア」と呼びます。一般に腰痛や下肢痛(坐骨神経痛)、下肢のしびれが生じます。足に力が入りにくくなることもあります。

治療方法

治療方法のイラスト

ヘルニアの治療は、安静・鎮痛剤・コルセットなどで自然治癒を待つ保存療法が基本となります。疼痛が強い場合や仕事の都合など、早期復帰を目指したい場合は手術をおこなうことがあります。90%以上の患者さんは手術直後から疼痛が軽減しています。しかし、手術に不安を感じられる方も多く、そのような患者さんには、薬剤「ヘルニコア」を使った椎間板内酵素注入療法という治療をおすすめします。

ヘルニコアはどんな薬?

ヘルニコアはどんな薬?のイラスト

ヘルニコアは、椎間板内酵素注入療法という治療に使う薬剤です。椎間板内に投与することで、髄核の主成分を分解します。それにより、椎間板内圧が低下し、ヘルニアによる神経根圧迫が軽減され、下肢痛や腰痛などの症状が改善することが期待されます。

治療の流れ

  1. レントゲン透視室で、ヘルニアの場所を確認し、局所麻酔をおこないます。
  2. 針を刺入して、ヘルニコアを投与します。15分程度で終了します。
  3. アレルギー反応(湿疹など)が生じる可能性があるため、一晩入院します。
  4. 効果は2〜3週間で現れる人が多いです。

治療実績と効果について

当院では、ヘルニコアの投与を50例以上の患者さんにおこなっており(2020年7月1日時点)、70〜80%の患者さんに下肢痛の改善効果がみられました。残念ながら20~30%の患者さんには効果がありませんでした。

注意すること

  • 全ての椎間板ヘルニアに投与できるわけではない
  • 一生に一度しか投与できない

神経根ブロック(注射)

 保存療法の1つで、痛みのおこなっている神経やその周辺に薬剤を注入して痛みを一時的に抑えます。ヘルニアの診断を確定させるために、おこなうこともあります。痛みを伴う注射ですので、診察室でご相談ください。

手術について

手術の適応となるヘルニア

  • 保存療法で疼痛が改善しない
  • 尿が出にくいなどの排尿障害が出る
  • 仕事の都合などで早期社会復帰を希望

手術療法には、内視鏡手術とレーザー治療があり、いずれの手術をおこなっても再発というリスクがあることも注意が必要です。椎間板が悪くなったことが原因で髄核が飛び出した場合、髄核を手術で切除できても悪くなった椎間板は残ってしまうので、どうしても再発が生じます。再発させないためにも、日常生活で注意するポイントがあるので、ご相談ください。

保険適用・保険適用外になる手術療法の画像

 

手術の種類

MED

MEDのイラスト

骨の一部を削り、神経を避けてヘルニアを切除する

導入

既に多くの病院でおこなわれている手術

侵襲

  • 全身麻酔
  • 2cm程度の皮膚切開

入院期間

約1週間

PED

PEDのイラスト

骨と骨の間に器具を通し、原則骨を削らずにヘルニアを切除する

導入

当院で2017年5月から採用した手術。まだ多くの病院では導入されていない

侵襲

  • 局所麻酔
  • 1cm未満の皮膚切開

入院期間

2泊3日

PEDは早期退院が期待でき、患者さんの負担の少ない手術と言えます。しかし、ヘルニアのタイプによってはPEDで切除できないこともありますので、医師によくご相談ください。

 

診療科

 

合わせて読みたい記事

086-276-3231
診療時間
受付
午前
8:30〜12:00
午後
14:30〜16:00
休診日
木・土午後 / 日・祝
発熱や風邪に似た症状がある方へ