熱中症

熱中症に気をつけよう

2021年6月1日更新

家の中でも油断できない熱中症。「夏は暑いもの」と対策を怠ると重症になる危険性もあります。
少しでも不調を感じたら体を労わってください。熱中症を防いで、今年も元気に夏を乗り切りましょう!

熱中症を防ぐ3つのポイント!

こまめな水分補給

飲み物を飲むイラスト

汗で失われる水分や塩分、ミネラルをスポーツドリンクや経口補水液、麦茶などで補給しましょう。

吸水性・通気性の良い服装

服のイラスト

綿や麻の素材で、袖口や襟ぐりの広い衣服がおすすめです。
熱吸収率の低い、白や淡い色合いの服を選びましょう。

暑い時間帯の外出を控える

汗をかくイラスト

気温が高い正午から15時の時間帯は、なるべく外出を控えましょう。
外出時には日傘や帽子で日差しを遮る工夫をしましょう。

応急処置

めまいや立ちくらみ、手足のしびれが起きて 「熱中症かも」と思ったら、症状が重くならないように、すぐに応急処置をしましょう。

涼しい場所に移動

すずむイラスト

涼しい木陰に移動します。室内の場合はエアコンや扇風機で部屋を冷やしましょう。

体を冷やす

体を冷やすイラスト

衣類を緩め横になり、冷たいタオルや氷のうなどで脇の下、太ももの付け根など太い血管のある所を冷やします。

少量の水を頻繁に摂る

飲み物のイラスト

飲めるようであれば、水分を少量ずつ頻回に摂りましょう。

 

診療科

 

合わせて読みたい記事

086-276-3231
診療時間
受付
午前
8:30〜12:00
午後
14:30〜16:00
休診日
木・土午後 / 日・祝
発熱や風邪に似た症状がある方へ