救急

どんなときに救急車を呼べばいいの?

2020年9月10日更新

救急車を呼ぶときは、大変切迫した状況です。目の前に苦しんでいる人、あるいは意識がない人がいることは間違いありません。しかし一方で、近年救急車をタクシーの代わりに使う人が多くいることも問題となっており、簡単に救急車を呼ばないよう啓蒙もおこなわれています。いざ急病人が発生したときに救急車を呼ぶべきなのか、迷うことも多いでしょう。
そこで、どんな症状や状態のときに呼ぶべきなのか、その際病院へ持参するもの、日頃から準備しておくとよいものなどをまとめてみました。また、転倒による高齢者の骨折は、救急搬送が必要になる場合もあります。日頃から転倒リスクを減らすよう、心がけましょう。

こんなときは迷わず救急車を呼びましょう

こんなときは迷わず救急車を呼びましょうイラスト

図で示した症状は非常に重篤な疾患の一症状の可能性があるので、速やかに救急車を呼びましょう。
その中でも特に気をつける症状があります。

特に気をつける症状

意識(脳出血・脳梗塞・ショック・不整脈など)

  • 反応が鈍い・話のつじつまが合わない
  • 活気がない・目線が合わない

呼吸(肺炎・喘息・気胸など)

  • 回数が多い・肩を使っている・荒く聞こえる
  • 喘鳴(ぜんめい。ヒューヒュー、ゼーゼーという雑音)がある

循環(心筋梗塞・不整脈・肺動脈血栓塞栓症など)

  • 顔色が悪い・冷汗をかいている

麻痺(脳出血・脳梗塞・大動脈解離など)

  • 手足が動かない・身体が一方に傾く・急に歩けなくなった

これらは命の危険が迫っていることを示している可能性があるので、迷わずすぐに救急車を呼びましょう。

救急車が到着する前に用意するもの

 お薬手帳、または現在内服しているお薬
 血圧・血糖管理手帳
 他院での治療歴などの情報(診療情報提供書(CD・フィルム)、看護添書、基本情報など)

※入院や治療などに関して、方針を決める決定権のある方の来院も大切です

お薬手帳から分かることイラスト

日頃から確認とメモをしておきましょう

  • 名前・年齢・性別
  • 血圧・脈拍・体温・意識状態
  • いつから、どのような症状が出たのか
  • 即往歴・アレルギー
  • 家族歴(親族や同居者の病気・健康状態)
  • 普段の生活が一人でできているかどうか
    起き上がり・歩行・排泄・衣服着脱・食事・入浴など
  • 急変時の蘇生処置や延命処置をおこなうか

症状を思いだそうとするイラスト

日頃から気になる症状などメモをしておくと、動揺した時でもそのメモを渡すことで確実に情報を伝えることができます。

骨折を侮ることなかれ!

高齢者に多い転倒時の骨折部位と出血量のめやす

転倒時4大骨折部位と出血量のめやすイラスト

図は高齢者に多い転倒時の4大骨折部位です。痛みで歩行できない脊椎圧迫骨折や出血量の多い大腿骨骨折は、救急車を呼ぶべき状態です。
特に抗凝固剤を内服している場合や、両側の大腿骨が同時に折れた場合は命にかかわるので、早急に医療機関に搬送して出血量を減らすことが重要になります。

毎月第3火曜日 転倒予防健康教室開催

当院の転倒予防健康教室では、転倒防止に役立つ運動をご紹介します。膝痛や転倒による骨折が原因で寝たきりにならないよう、日頃から簡単な運動を継続して、転倒を予防しましょう。現在開催中止。

 

診療科

 

合わせて読みたい記事

086-276-3231
診療時間
受付
午前
8:30〜12:00
午後
14:30〜16:00
休診日
木・土午後 / 日・祝
発熱や風邪に似た症状がある方へ