岡山旭東病院
 岡山旭東病院は脳・神経・運動器疾患の治療に力を入れています
We treat all of neurological and motor system diseases.
当院の役割ご利用の皆さまへ地域の皆さまへ診療報告当院の取り組み医療関係の方へ医療機器・検査技術
>> トップページへ

 岡山旭東病院は、脳・神経・運動器疾患の総合的専門病院として、患者さまの目線に立った医療を提供し、医療サービスの品質を高めるため、教育(共に育つ)、高度先進医療機器の導入、療養環境の整備、音楽や絵画・料理・庭園・生花の整備・クリニクラウンの活動など文化(芸術)との融合に全職員がコラボレーションし、治療効果をあげるべく努力しています。
私達は経営理念を目的に取り組んでいます
経営理念
 
一、安心して、生命をゆだねられる病院
一、快適な、人間味のある温かい医療と療養環境を備えた病院
一、他の医療機関・福祉施設と共に良い医療を支える病院
一、職員ひとりひとりが幸せで、やりがいのある病院

4つの経営理念を目的に次の3つを使命として、オンリーワン病院をめざしています
社会的使命
(social mission)
経済的使命
(economic mission)
生産的使命
(product mission)
私たちの病院がこの地域にあってよかったと思っていただけるような、社会的評価をいただける病院を目指します。また、病院経営を通じて雇用の確保にも貢献してまいります。 私たちは、医療サービスを通じて適正な利潤を上げ、職員の給与・賞与・福利厚生・研修・学会費用・病院施設の充実のために、再投資のできるように努めます。 脳・神経・運動器疾患を中心とした、良質な医療を提供するために、必要なスタッフの養成と共育(共に育つ)、診断・治療機器の充実・快適な療養環境の整備をおこないます。
3つの使命が達成できるよう、日々研鑚してまいります。
皆さまの温かいご支援をお願い申し上げます。
癒し・笑い・ユーモアを取り入れ、病院の新しい文化を創ります
 「快適な、人間味のある温かい医療と療養環境を備えた病院」を経営理念のひとつに掲げ、当院をご利用くださる方々に癒しの空間を提供できるよう、癒しの環境整備に力を入れています。また、医療に笑いとユーモアを取り入れた、アメリカの医師パッチ・アダムスの名前を冠した多目的ホールでは、院内の催事はもちろん、ふれあいフェスティバルやコンサートなどで地域の方にも広く親しまれています。ソフト、ハードの両面を共に強化し、皆さまに必要とされる病院を目指しています。
屋上庭園

患者様ライブラリー

各種行事(写真:コンサート)
さまざまなジャンルの書籍を取り揃えています。貸し出しサービスもおこなっております。 コンサート、健康教室、園芸教室、10月にはふれあいフェスティバルなど、たくさんの行事を開催しています。
地域連携パスのイメージ
他病院との連携をより一層深め、外来、入院に関わらず患者さまにとってベストな選択を提供できるよう努めます。
職員が共に学び、共に育つ「めだかの学校」を目指します
質の高い医療サービスは「職員ひとりひとりが、やりがいのもてる職場」であって、初めて提供させていただけるものです。そのためにも、働く環境の整備、学会活動・院内研修・海外研修等の支援、職員図書室の整備、全員参加の経営指針書の作成などをおこなっています。また、患者さまの治療、療養のお手伝いをするだけでなく、医療、福祉、看護、予防医学教育への参加を積極的に推進してまいります。教育機関と協力し、人材育成に貢献してまいります。
ラインリスナー教育(共育)
<職員に対するメンタルヘルスへの支援>

職員研修

経営指針発表会
岡山旭東病院 シンボルマーク
 
岡山旭東病院の“旭”という文字をイメージしてシンボル化しました。ハートは職員と患者様の心のふれあいを表現し、未来に向かってはばたこうとする鳥がやさしくハートをつつみこむイメージです。十字は医療活動を表現しています。
関連施設 | 患者様の権利 | 個人情報保護方針 | サイトマップ | お問合せ | リンク
 〒703-8265 岡山県岡山市中区倉田567-1 Tel.086-276-3231/Fax.086-274-1028
(C) 2006 Okayama Kyokuto Hospital All right reserved.