松北 優里&中島 尚子 デュオ・コンサート

8/14(水)

バイオリン 松北優里さん、ピアノ 中島尚子さんによる「松北 優里&中島 尚子 デュオ・コンサート」を開催しました。

前半はサラサーテ作曲「カルメン幻想曲」や、バッハ作曲「無伴奏ヴァイオリンのためのパルティータ第1番ト短調」などをご演奏いただきました。

後半は、シュトラウス作曲「 ヴァイオリン・ソナタ 変ホ長調 作品18」の第1楽章から3楽章と30分という大曲のご演奏をいただき、お二人の素晴らしい演奏に拍手喝采でした。

1時間があっという間に過ぎてしまうほど、素敵なコンサートとなりました。

一般職員研修

8/9(金)
テーマ:「思いやりのあるチーム経営」~患者(利用者)様満足・職員満足の追求に向けて~
岡山旭東病院、岡山ハッピィライフ操風の職員が集まり、働きやすい職場づくりについて学び、意見を交し合う一般職員研修。研修委員による基調講演や感染管理、医療安全、倫理の勉強をおこない、最後に明日から実践できる目標を各自で決めました。
働きやすい職場を目指し、職員一人一人がより良いチームづくりについて学ぶことができ、とても有意義な研修となりました。

真重満氏 木工作品展

8/6(火)~8/30(金)
島根県 雲南市生まれ。
横浜で美容師となり 後に松江市で美容室を経営。
趣味として写真を始める。
カメラのファインダーを通して見る自然の神秘と光や色に目を奪われました。
できるものならば写真を写し絵のように表現してみたくなりました。
休日にはカメラを持ち 松江市近くの山里や大山 蒜山方面へ出かけています。
みはら ゆたか

医療・福祉・介護教室

7/31(水)
医療・福祉・介護教室では、病気や障害により介護が必要になったり、高齢になっても、安心してその人らしくイキイキとした生活が送られるよう、医療・介護・福祉・生活など、暮らしに役立つ制度や情報を医療ソーシャルワーカー(社会福祉士)がご紹介しております。また、個別の相談や質問も受け付けております。
今回は『在宅医療・介護のすすめ』と題し、岡山市 地域ケア総合推進センター 二嶋 由美子氏に、「かかりつけ医の役割」や「在宅医療・介護について」、「もしものために~話し合い つたえておこう 事前ケア計画~岡山市版ACP(アドバンス・ケア・プランニング)のすすめについて」などご講演いただきました。
次回は、9月26日(木)14:00~開催予定です。是非ご参加ください。

アフターヌーンコンサート

7/30(火)
バイオリン 松北優里さん、ピアノ 中島尚子さんによる「アフターヌーンコンサート」を開催しました。
サラサーテ作曲「カルメン幻想曲」や、モーツァルトの曲などをご演奏いただきました。お二人の素晴らしい演奏に、みなさん耳を傾け癒しのひと時を過ごしました。最後にアンコール曲としてパガニーニの曲を演奏いただき、素敵なコンサートとなりました。

糖尿病教室

7/24(水)
糖尿病教室は、皆さまに糖尿病への理解を深め、健康的な生活を送っていただけるように、各専門の医療スタッフが分かりやすくお話しております。また、個別の相談や質問も受け付けております。今回は薬剤師が「フリースタイルリブレと注射について」と題し、講演しました。
次回は、8月28日(水)13:30~岡山旭東病院本館2階会議室「あさがお」にて開催予定です。是非ご参加ください。

花音 ピアノコンサート

7/24(水)
グループ「花音」のみなさまによる、ピアノコンサートを開催しました。
ショパン作曲の「幻想即興曲」、リスト作曲の「ため息」、連弾ではわらべ歌のアレンジメドレーやエルガー作曲「愛の挨拶」などを披露していただきました。誰もが一度は聴いたことがある名曲の数々や、懐かしいわらべ歌の現代風アレンジ曲にみなさん聴き入りました。最後に会場のみなさんと一緒に「故郷」を歌い、素敵なコンサートとなりました。

第22回岡山臨床脳神経外科学会in岡山

7/20(土)・21(日)
第22回日本臨床脳神経外科学会を当院院長 土井章弘を大会長とし、岡山コンベンションセンターにて開催しました。
メインテーマを「地域包括ケアシステムの中での脳神経外科と多職種・他診療科との協業~心をひとつに~」とし、脳神経外科の専門医を始め、他診療科の医師、コメディカルスタッフ、事務職などが、これからの超高齢社会における脳神経領域を中心とした地域医療のあり方と社会貢献について講演会、シンポジウムを通して討論しました。
また、筑波大学教授 山海嘉之先生、女子マラソン五輪メダリスト 有森裕子先生を講師にお招きした市民公開講座には、約400名の方が参加されました。

第108回転倒予防健康教室

7/16(火)
整形外科医師の副院長 土井基之がコーディネーターとなり、加齢に伴う筋力低下などによる転倒を予防するための健康教室を毎月第3火曜日に開催しています。
今年度より教室内容を運動メインの内容に変更しました。毎回運動機能評価の測定をおこない、年度終わりには、一人ひとりに結果のフィードバックをおこなう予定です。
今回は、理学療法士が「体操しながら転倒予防」「糖尿病」と題して、転倒予防につながる筋力トレーニング方法と「OKAYAMA!市民体操」をご紹介しました。最後には、太極拳をおこない、体全体を動かしました。

次回は8月20日(火)14:00~開催予定です。

クッキー・うどん販売

7/16(火)
恒例となっている、社会福祉法人むぎの会かがやき作業所の方々によるクッキーと生うどん販売を開催しました。
クッキーは、100円と200円の二種類を販売。どちらも可愛くラッピングされています。

うどんはゆで時間10分程度の普通麺と、ゆで時間3分程度の細麺と三色麺の三種類(200円)を販売。コシがあって美味しいと評判です。毎回、職員も楽しみにしています。

場所は院内1階の売店横、岡山旭東病院の歴史がわかる「展示室」にておこなっております。
次回販売は8/6(火)10:00~の予定です。

一般職員研修

7/12(金)
テーマ:「思いやりのあるチーム経営」~患者(利用者)様満足・職員満足の追求に向けて~
岡山旭東病院、岡山ハッピィライフ操風の職員が集まり、働きやすい職場づくりについて学び、意見を交し合う一般職員研修。研修委員による基調講演や感染管理、医療安全、倫理の勉強をおこない、最後に明日から実践できる目標を各自で決めました。
働きやすい職場を目指し、職員一人一人がより良いチームづくりについて学ぶことができ、とても有意義な研修となりました。

クッキー・うどん販売

7/2(火)
恒例となっている、社会福祉法人むぎの会かがやき作業所の方々によるクッキーと生うどん販売を開催しました。
クッキーは、100円と200円の二種類を販売。どちらも可愛くラッピングされています。

うどんはゆで時間10分程度の普通麺と、ゆで時間3分程度の細麺と三色麺の三種類(200円)を販売。コシがあって美味しいと評判です。毎回、職員も楽しみにしています。

場所は院内1階の売店横、岡山旭東病院の歴史がわかる「展示室」にておこなっております。
次回販売は7/16(火)10:00~の予定です。

リーダー・医局研修

6/22(土)
今年度の課題を意識しながら、自身の職場の将来のあり方を考え、次年度の戦略に活かすこと、そして自身がリーダー・医師としてどのような働きかけするか考える機会として開催しました。
「公益財団として」について、院長 土井章弘・副院長 土井基之が講演し、岡山リハビリテーション病院院長 十河みどり先生より「公益財団法人としての新たな組織づくりに向けて~リーダーに期待すること~」をご講演いただきました。その後グループディスカッションをおこない、多くの喫緊の課題や今後の展望に向けて、互いに知恵を出し合い、支え合い、リーダーとして今為すべきことを考えました。
今後も組織の結束を強め、よい医療を提供できるよう、努めてまいります。

西崎仁美ピアノコンサート〜ショパン没後170年を記念して〜

6/21(金)
西﨑仁美さんによる、ピアノコンサート〜ショパン没後170年を記念して〜を開催しました。
ショパン作曲の「バラード第1番」や「華麗なる大円舞曲作品34-3『猫のワルツ』」、モーツァルト作曲の「トルコ行進曲」のジャズアレンジなどを披露していただきました。美しい音色に観客のみなさん聴き入り、最後にアンコールの拍手が響きました。癒しの30分コンサートとなり、参加されたみなさん笑顔で会場を後にされました。

感染管理研修

6/18(火)
職員の感染管理に対する意識を高められるように感染管理勉強会を開催しました。
岡山大学大学院医歯薬学総合研究科 岡山県北西部(新見)総合診療医学講座 准教授 花山宜久先生をお招きし、「感染症の診断、治療とチーム医療」 をテーマにご講演いただきました。

外来で転倒による骨折や脱力などで診察に来られる方も、感染症が潜んでいることも多い。医師だけでなく、看護師などのコメディカルと協力しチーム医療で、訴えている症状だけでなく「全身をチェックする」ことが大切である、とさまざまな感染症と治療方法についてご教授いただきました。

第107回転倒予防健康教室

6/18(火)
整形外科医師の副院長 土井基之がコーディネーターとなり、加齢に伴う筋力低下などによる転倒を予防するための健康教室を毎月第3火曜日に開催しています。
今年度より教室内容を運動メインの内容に変更しました。毎回運動機能評価の測定をおこない、年度終わりには、一人ひとりに結果のフィードバックをおこなう予定です。
今回は、理学療法士が「筋力トレーニング」「視覚について」と題して、正しい姿勢を保つことに欠かせない肩の筋力トレーニングを中心におこない、肩こり、腰痛の原因にもなる目の疲れについてご説明しました。最後には、太極拳をおこない、体全体を動かしました。

次回は7月16日(火)14:00~開催予定です。

クッキー・うどん販売

6/18(火)
恒例となっている、社会福祉法人むぎの会かがやき作業所の方々によるクッキーと生うどん販売を開催しました。
クッキーは、100円と200円の二種類を販売。どちらも可愛くラッピングされています。

うどんはゆで時間10分程度の普通麺と、ゆで時間3分程度の細麺と三色麺の三種類(200円)を販売。コシがあって美味しいと評判です。毎回、職員も楽しみにしています。

場所は院内1階の売店横、岡山旭東病院の歴史がわかる「展示室」にておこなっております。
次回販売は7/2(火)10:00~の予定です。

園芸教室

6/15(土)
当院専属ガーデナーを講師に、開催している園芸教室。参加者は講師から植え方のコツや来年もお花が咲くように手入れの方法を教わりながら、思い思いの寄せ植えを作りました。参加者さん、今回はどんな苗を植えるのだろう?と毎回楽しみにしていただいています。
次回の園芸教室は9月14日(土)14:30~となります。(材料代1,000円)

園芸教室 ビギナーズコース

6/14(金)
当院専属ガーデナーを講師に、開催している園芸教室。今年度はより多くの方に参加していただけるよう、ビギナーズコースを開催する運びとなりました。初心者でも気軽に参加できる内容に参加者の皆さん、楽しく寄せ植えを体験していただきました。
次回の園芸教室 ビギナーズコースは12月13日(金)14:30~となります。(材料代1,000円)

新人メンタルヘルスフォローアップ研修

6/13(木)
4月に入職した、新入職員を対象に、メンタルヘルスのフォローアップ研修をおこないました。講師は当院の心理士が担当。入職して約2か月経過し、職場や仕事に慣れてきた一方で、多くの悩みを抱えるこの時期に起こりやすい心の不安を解消するべく「私達の心に起こる変化とコミュニケーション」と題し、グループワークを交えて受講しました。
今後も、当院の職員の一員として、仲間と支え合い、楽しくやりがいをもった仕事ができるよう、全職員で努めてまいります。

サブリーダー研修

6/8(土)
テーマ:「思いやりのあるチーム経営」~患者(利用者)様満足・職員満足の追求に向けて~

岡山リハビリテーション病院と合同で、今年度の課題を意識しながら、自身の職場の将来のあり方を考え、次年度の戦略に活かすこと、そして自身がサブリーダーとしてどのような働きかけするか考える機会として開催しました。
院長土井章弘・副院長土井基之が講演し、岡山リハビリテーション病院院長 十河みどり先生より「公益財団法人としての新たな組織づくりに向けて~サブリーダーに期待すること~」をご講演いただきました。その後グループディスカッションをおこない、多くの喫緊の課題や今後の展望に向けて、互いに知恵を出し合い、支え合い、リーダーとして今為すべきことを考えました。
今後も組織の結束を強め、よい医療を提供できるよう、努めてまいります。

真重満氏 木工作品展

6/7(金)~8/1(木)14時まで
定年退職後、孫のために独学で木のおもちゃ作りを始め、今では地元や市内の公民館、幼稚園、小学校などから展示会や体験教室に呼ばれています。作家のデザインを参考に、電動糸ノコを使い、廃材をおもちゃに再生して作品を制作。

39年前、仕事中の事故で右手を失い義手になった真重さん。そんなことを感じさせない細やかな作品の数々が並びます。作品の種類も多く、木のパーツを貼り合わせたキリン、カバなど愛らしい動物や、観覧車、自転車のほか、1枚の板から羽の模様を切り抜いたクジャクなど、驚くほど精巧な作品も多数あり、どれも温かみのあるものばかりです。
「作品を観た人が少しでも元気になってくれれば嬉しい」と、当院で3度目の作品展を開催していただく運びとなりました。

昭和歌謡 Re.style

6/5(水)
高橋ミナコさんと美淋つゆ子さんによる、ジャズコンサートを開催しました。
昭和歌曲のジャズアレンジで、「あなた」「年下の男の子」「やさしさに包まれたなら」などを披露していただきました。知っている曲もアレンジでしっとりとした大人の雰囲気に変わり、皆さん聴き入っていました。また、ピアノ演奏をおこないながら、足首に付けた鈴でパーカッションをおこなったり、皆さんと一緒に「上を向いて歩こう」を歌ったり・笑ったりと、とても楽しいコンサートとなりました。

クッキー・うどん販売

6/4(火)
恒例となっている、社会福祉法人むぎの会かがやき作業所の方々によるクッキーと生うどん販売を開催しました。
クッキーは、100円と200円の二種類を販売。どちらも可愛くラッピングされています。

うどんはゆで時間10分程度の普通麺と、ゆで時間3分程度の細麺と三色麺の三種類(200円)を販売。コシがあって美味しいと評判です。毎回、職員も楽しみにしています。

場所は院内1階の売店横、岡山旭東病院の歴史がわかる「展示室」にておこなっております。
次回販売は6/18 (火)10:00~の予定です。

道化教室

6/2(日)
案内人:塚原成幸 氏(道化師)
内容:「自己理解を促すユーモア・コミュニケーション」
「パートナーシップを育むユーモア・コミュニケーション」
「他者理解を深めるユーモア・コミュニケーション」
「チームワークを高めるユーモア・コミュニケーション」
「ユーモア・コミュニケーションを周りの人に伝える(自分から他者への発信)」

今年度はこの教室で取り組んできた「ユーモア・コミュニケーション」を皆さんに体験してもらうのは勿論、さらに一歩先に踏み込んで、自分が体験したことを周りや家族や仲間、そして職場や地域の人々に伝えるにはどうしたら良いのか、一緒に考えていきたいと思っています。
17年続いたあかいはな道化教室も、今年度で最後になります。来られたことのある方も初めての方も、ぜひどうぞお越しください!

おかやまあかいはな道化教室の詳細はこちら

サックスコンサート~奏~

5/24(金)
J.J.Projectのお二人によるサックスコンサートを開催しました。
2本のサックスで「フライ・ミー・トゥー・ザ・ムーン」や「津軽海峡冬景色」、スキマスイッチの「奏」、アカペラで「見上げてごらん夜の星を」などさまざまなジャンルの曲を披露していただきました。観客のみなさん、サックスの美しいハーモニーに耳を傾けました。アンコールにもお応えいただき、素敵なコンサートとなりました。

糖尿病教室

5/22(水)
糖尿病教室は、皆さまに糖尿病への理解を深め、健康的な生活を送っていただけるように、各専門の医療スタッフが分かりやすくお話しております。また、個別の相談や質問も受け付けております。今回は看護師が「生活習慣を見直してみませんか?」と題し、講演しました。
次回は、6月26日(水)13:30~岡山旭東病院本館2階会議室「あさがお」にて開催予定です。是非ご参加ください。

第106回転倒予防健康教室

5/21(火)
整形外科医師の副院長 土井基之がコーディネーターとなり、加齢に伴う筋力低下などによる転倒を予防するための健康教室を毎月第3火曜日に開催しています。
今年度より教室内容を運動メインの内容に変更しました。毎回運動機能評価の測定をおこない、年度終わりには、一人ひとりに結果のフィードバックをおこなう予定です。
今回は、理学療法士が「筋力トレーニング~下肢編~」「ロコモティブシンドローム(運動器症候群)について」と題して、運動器の障害により、歩行・立ち座りなどの移動機能の低下をきたした状態のことをいうロコモティブシンドロームについて説明し、下半身の筋力トレーニング方法をご紹介しました。最後には、太極拳をおこない、体全体を動かしました。
次回は6月18日(火)14:00~開催予定です。

オカリナ♪アイリスコンサート

5/13(月)
本館1階パッチ・アダムスホールにて、オカリナ♪アイリスグループによるコンサートを開催しました。
オカリナ演奏だけでなくギターと一緒に「いい日旅立ち」、「時の流れに身をまかせ」や、母の日に合わせて朗読と一緒に「かあさんの歌」「The Rose」、歌と一緒に「ハバネラ(歌劇カルメンより)」などの皆さん聴きなじみのある曲を披露してくださりました。
また、たくさんあるオカリナの種類を鳥の声例え、その鳥と関係のある曲を演奏していただきました。 最後にみなさん一緒に「茶摘み」「みかんの花咲く丘」、「Y.M.C.A.(YOUNG MAN)」を歌と振付で参加し、とても素敵なひと時を過ごしました。

川崎医療福祉大学
医療福祉デザイン学科
卒業制作選抜展 2019

5/10(金)~6/6(木)
私たちは大学4年間で、医療福祉デザインを学んできました。その集大成として、医療・福祉分野で問題視されている現状に対し、私たち各々の視点と「ホスピタルデザイン」「ビジュアルコミュニケーションデザイン」「メディカルイラストレーション」の3つのコースそれぞれで学んだ知識を生かして作品にしております。
今年のテーマは「人を結ぶデザイン」です。デザインには人と人とを結ぶチカラがあると考え、 4年間を通じて関わった「人」との「繋がり」そして、今までお世話になった皆様への「感謝」の気持ちを蝶々結びの水引で表現しました。
私たちの作品を通して、医療福祉分野での「やさしさ」「思いやり」を届けるデザインについて、より多くの方々に興味・関心を深めていただければ幸いです。どうぞごゆっくりご覧ください。
医療福祉デザイン学科16期生

若葉の会・新人フォローアップ研修

5/10(金)~11(土)
岡山旭東病院と岡山リハビリテーション病院へ4月に入職した職員を対象に、一泊研修を開催。 入職して約1ヶ月。職場にも慣れはじめ、いろいろな不安や疑問もでてくるこの時期、職場での仲間づくりは今後の業務においても大切な役割を果たします。 研修では、「医療安全」「感染管理」「自己理解」などを学び、入職して1年目の先輩職員から「一年を振り返りチームの一員として」の体験を聞きました。一泊二日という時間で、たくさんの交流を図ることができました。

クッキー・うどん販売

5/7(火)
恒例となっている、社会福祉法人むぎの会かがやき作業所の方々によるクッキーと生うどん販売を開催しました。
クッキーは、100円と200円の二種類を販売。どちらも可愛くラッピングされています。

うどんはゆで時間10分程度の普通麺と、ゆで時間3分程度の細麺と三色麺の三種類(200円)を販売。コシがあって美味しいと評判です。毎回、職員も楽しみにしています。

場所は院内1階の売店横、岡山旭東病院の歴史がわかる「展示室」にておこなっております。
次回販売は5/21 (火)10:00~の予定です。

第66回共育塾

4/25(木)
株式会社NOBORIよりPHR事業開発部の都甲和宏氏をお招きし、「『医療情報をみんなの手に』~PHRを活用した新しい医療のカタチ~」をご講演いただきました。
「NOBORI(のぼり)」はIT技術によって、画像などの医療情報を安全に保管・利用できる新しいクラウドサービスです。レントゲン、CT画像をはじめとする大容量の医療情報データを、患者さん自身が必要な時にいつでも参照、共有、利用することができます。
当院では当サービスを導入するか検討中ですが、今後も患者さんが安心してより良い医療を受けられるように努めてまいります。

糖尿病教室

4/24(水)
糖尿病教室は、皆さまに糖尿病への理解を深め、健康的な生活を送っていただけるように、各専門の医療スタッフが分かりやすくお話しております。また、個別の相談や質問も受け付けております。今回は医師が「骨粗鬆症と糖尿病の治療について」と題し、講演しました。
次回は、5月22日(水)13:30~岡山旭東病院本館2階会議室「あさがお」にて開催予定です。是非ご参加ください。

河野康弘ジャズピアノコンサート

4/24(水)
 本館1階パッチ・アダムスホールにて、河野康弘氏によるジャズピアノコンサートを開催しました。 「レフト・アローン」、「A列車で行こう」などのジャズの定番曲や、「虹の彼方に」、「チューリップ」などの皆さん聴きなじみのある曲を披露してくださりました。  参加者は、ジャズの軽快なリズムに乗せて手拍子や、軽く体を揺らしたりと楽しみながら聴き入っていました。

2019年度 財団合同接遇研修会

4/19(金)
接遇研修会を毎年1回開催しています。今回は、GEヘルスケアジャパン株式会社より村瀬由佳先生に「医療接遇の基礎講座」と題し、ご講演いただきました。 医療人としての基本姿勢、接遇表現や対人対応の基礎をご教授いただきました。当財団は今後も患者さんのことを考えた治療やおもてなしを意識し、地域に寄り添う医療に努めてまいります。

第105回転倒予防健康教室

4/16(火)

整形外科医師の副院長 土井基之がコーディネーターとなり、加齢に伴う筋力低下などによる転倒を予防するための健康教室を毎月第3火曜日に開催しています。
今年度より教室内容を運動メインの内容に変更しました。毎回運動機能評価の測定をおこない、年度終わりには、一人ひとりに結果のフィードバックをおこなう予定です。

今回は、理学療法士が「ストレッチとコグニサイズ」「認知症」と題して、認知症についての説明と頭の体操をしながらのストレッチをおこないました。最後には、太極拳をおこない、体全体を動かしました。

次回は5月21日(火)14:00~開催予定です。

伊丹君江 童画イラスト展

4/5(金)~4/26(金)
この場を、提供して頂き ありがとうございます。 心休まるひと時を 感じて頂けたら幸いです。
愛をこめて・・・。

Kimie Itam

ギャラリートーク開催



4/26(金)14時~15時

2019年度新人歓迎会

4/5(金)
新人歓迎会を開催し、新人の皆さんのスピーチや、院内部活動の紹介などで院内の職員らと交流を図り、当院栄養課の振る舞う美食を堪能しました。これから、共に学び、共に育っていきたいと思います。

クッキー・うどん販売

4/2(火)
恒例となっている、社会福祉法人むぎの会かがやき作業所の方々によるクッキーと生うどん販売を開催しました。
クッキーは、100円と200円の二種類を販売。どちらも可愛くラッピングされています。

うどんはゆで時間10分程度の普通麺と、ゆで時間3分程度の細麺と三色麺の三種類(200円)を販売。コシがあって美味しいと評判です。毎回、職員も楽しみにしています。

場所は院内1階の売店横、岡山旭東病院の歴史がわかる「展示室」にておこなっております。
次回販売は4/16(火)10:00~の予定です。

2019年度新人入社式・新人研修

4月1(月)・2(火)
今年度も新しい仲間が加わりました。 新卒・中途採用あわせて33名が研修に参加。研修では、各部署の所属長によるそれぞれの部署の紹介や、院内見学をおこないました。また、関連病院である岡山リハビリテーション病院の見学をおこない「公益財団法人操風会の概要を知る」と「社会人として基本を身に付ける」「自分達で考える」を目的に学びました。これから、共に学び、共に育っていきたいと思います。

パーキンソン病健康教室

3/30(土)
神経内科部長 柏原健一医師のコーディネイトによる、年2回開催の健康教室をおこないました。
今回は、「パーキンソン病との付き合い方」として滋賀県立総合病院 リハビリテーション科 科長 中馬 孝容 先生にご講演いただきました。早くから体操や運動の習慣を身につける大切さや、座ったままおこなえる運動方法、日常生活での工夫の仕方についてご講演いただき、みなさん関心を寄せられていました。
また当院の栄養課が「パーキンソン病と食事」について講演し、バランスのとれた食事のポイントやおすすめのレシピ、食欲の無い方へアプロ-チについてお話しました。
「身体を動かしてみよう」では、リハビリテーション課が運動の大切さと、実践で表示された画像を五・七・五・七・七のリズムに合わせて読みながら、ポーズを決める運動をおこないました。みなさんあっという間に上達して、楽しく運動をおこないました。
たくさんのお申込みをいただき、約450名の方々にご参加いただきました。

経営指針発表会

3/28(木)
経営指針発表会を全職員参加でおこないました。
この会は、院内の各部署が作成した新年度の目標を発表するものです。
昨年の目標を達成し、また新たな課題が見えてきました。今年度も医療に関する目標だけでなく、業務改善やコミュニケーション、6S(整理・整頓・清潔・清掃・躾・スマイル)への取り組みなども各部署から発表しました。より良い病院を目指して、患者さまの視点とご意見を交えて目標達成に向け邁進していきます。

糖尿病教室

3/27(水)
糖尿病教室は、皆さまに糖尿病への理解を深め、健康的な生活を送っていただけるように、各専門の医療スタッフが分かりやすくお話しております。また、個別の相談や質問も受け付けております。今回は医師と看護師が「糖尿病のおさらい~糖尿病クイズ~」と題し、講演しました。また、今年1年間でたくさんご参加いただいた方を表彰しました。

次回は、4月24日(水)13:30~岡山旭東病院本館2階会議室「あさがお」にて開催予定です。是非ご参加ください。

アフターヌーンコンサート

3/22(金)
バイオリン 松北優里さん、ピアノ 中島尚子さんによる「アフターヌーンコンサート」を開催しました。J.シベリウス作曲の「バイオリン協奏曲 ニ短調 作品47」より第2楽章・第3楽章、W.A.モーツァルト作曲の「ピアノとバイオリンのためのソナタ ト長調 K.301」をご演奏いただきました。
お二人の素晴らしい演奏に、割れんばかりの拍手がおこりました。最後にパガニーニの曲を演奏いただき、素敵なひと時のコンサートとなりました。

医療安全研修会

3/20(水)
「医療事故防止のためのコミュニケーション~Team STEPPSの活用~」について当院のリハビリテーション課 課長片岡が講演しました。例として作られた医療事故の動画を視聴し、実際に自分が担当だった場合、どこにコミュニケーション不足を感じたか周りの人と討議しました。その後、具体的な対策としてTeam STEPPS(医療安全と質の高い医療を提供する戦略)の仕組みや、実際に医療事故にあわれたご家族のドキュメンタリーを視聴しました。職員一人一人がより良いチームづくりについて学ぶことができ、とても有意義な研修となりました。

第104回転倒予防健康教室

3/19(火)
整形外科医師の副院長 土井基之がコーディネーターとなり、加齢に伴う筋力低下などによる転倒を予防するための健康教室を毎月第3火曜日に開催しています。
今回は、整形外科 部長 平野浩司医師が「骨粗鬆症の予防と治療を総まとめ」と題して、骨粗鬆症の予防方法や新しい薬について紹介をしました。その後、理学療法士による「自宅の環境を考えよう(座学)+体操」では、家の中での転倒を予防するための注意点のご紹介や下半身の筋力をつけるトレーニング方法をレクチャーしました。

次回は4月16日(火)14:00~開催予定です。

クッキー・うどん販売

3/19(火)
恒例となっている、社会福祉法人むぎの会かがやき作業所の方々によるクッキーと生うどん販売を開催しました。
クッキーは、100円と200円の二種類を販売。どちらも可愛くラッピングされています。

うどんはゆで時間10分程度の普通麺と、ゆで時間3分程度の細麺と三色麺の三種類(200円)を販売。コシがあって美味しいと評判です。毎回、職員も楽しみにしています。

場所は院内1階の売店横、岡山旭東病院の歴史がわかる「展示室」にておこなっております。
次回販売は4/2(火)10:00~の予定です。

第65回共育塾

3/15(金)
中国銀行平井支店の難波誠氏、営業統括部の工藤未梨氏、ソリューション営業部の高取沙織氏をお招きし、「お金と生活の知恵」をご講演いただきました。今後の人生や生活に関する希望を書き出し、課題を「見える化」することや、課題と向き合う大切さを学びました。お金と生活のことをきちんと学ぶ機会として、とても有意義な勉強会となりました。

Concert Dolce 春風にのせて

3/15(金)
ピアニスト 西山さおりさん、田淵礼子さん、井上茜さんによるミュージックベルと歌、ピアノ連弾コンサートを開催しました。ピアノソロ、4手連弾、6手連弾、ソプラノなど多様な演奏スタイルを披露していただきました。「高校3年生」、「青い山脈」を頭の体操をしながら一緒に歌いみなさん素敵なひと時を過ごされました。

園芸教室

3/9(土)
年4回、当院専属ガーデナーを講師に、開催している園芸教室。参加者は講師から植え方のコツや来年もお花が咲くように手入れの方法を教わりながら、思い思いの寄せ植えを作りました。参加者さん、今回はどんな苗を植えるのだろう?と毎回楽しみにしていただいています。
次回の開催は6月15日(土)14:30~となります。(材料代1,000円)

クッキー・うどん販売

3/5(火)
恒例となっている、社会福祉法人むぎの会かがやき作業所の方々によるクッキーと生うどん販売を開催しました。
クッキーは、100円と200円の二種類を販売。どちらも可愛くラッピングされています。

うどんはゆで時間10分程度の普通麺と、ゆで時間3分程度の細麺と三色麺の三種類(200円)を販売。コシがあって美味しいと評判です。毎回、職員も楽しみにしています。

場所は院内1階の売店横、岡山旭東病院の歴史がわかる「展示室」にておこなっております。
次回販売は3/19(火)10:00~の予定です。

残しておきたい風景展

3/4(月)~3/29(金)
私は、きれいな絵は描きません。食料を作り続けてきた人達を住めなくし、お年寄りだけ残し、空き家を増やし続けているのはだれの責任か。あまりにも富の分配が偏っている。力は小さいけれど真っ直ぐものを見て、世の不合理を絵で訴え続けてまいります。
山本峰三(76歳)

認知症サポーター養成講座

2/27(水)
この養成講座は、認知症の方やそのご家族が地域で安心して生活できるように、認知症の理解者やサポーターが地域に増えることを目指して開催しました。
地域の方と職員を対象に、「認知症を知って地域で支えましょう」をテーマに、認知症の方の正しい対応方法のDVD鑑賞や医療ソーシャルワーカーによる「認知症について」、作業療法士による「認知症の方への対応について」を講演しました。受講終了者には認知症サポーターの証であるオレンジリングを授与しました。
養成講座は地域(ふれあいセンター)でも定期開催されており、公民館や企業、学校でもサポーター養成研修がおこなわれています。みなさんで認知症を正しく理解し、地域で支え合っていきましょう。

糖尿病教室

2/27(水)
糖尿病教室は、皆さまに糖尿病への理解を深め、健康的な生活を送っていただけるように、各専門の医療スタッフが分かりやすくお話しております。また、個別の相談や質問も受け付けております。今回は看護師が「感染症とシックデイの危険性」と題し、講演しました。

次回は、3月27日(水)13:30~岡山旭東病院本館2階会議室「あさがお」にて開催予定です。

春まつコンサート

2/26(火)
岡山県アマチュアビッグバンド連盟所属バンド【TKOBB】メンバーから、ピアノとアルトサックスの派生ユニット「まめしば」さんによる、サックスピアノコンサートを開催しました。
「青春の輝き」「ハナミズキ」「花は咲く」などを心地よいサックスとピアノの音色でご披露していただきました。また、ピアノ独奏で「花」「陽だまりの公園で」をご演奏いただきました。参加者のみなさん聴くだけでなく知っている曲におもわずリズムをとったり小さく歌ったりと、それぞれ参加を楽しんでいました。あっという間に30分たち、癒しのひと時となりました。

第103回転倒予防健康教室

2/19(火)
整形外科医師の副院長 土井基之がコーディネーターとなり、加齢に伴う筋力低下などによる転倒を予防するための健康教室を毎月第3火曜日に開催しています。
今回は、整形外科 土井英之医師が「背骨の骨折の手術治療」と題して、背骨の骨折と治療方法や骨粗しょう症について紹介をしました。その後、理学療法士による「転倒予防体操」では、頭の運動と体の運動を同時におこなうことで脳を活性化させるコグニサイズ実施しました。

次回は3月19日(火)14:00~開催予定です。

クッキー・うどん販売

2/19(火)
恒例となっている、社会福祉法人むぎの会かがやき作業所の方々によるクッキーと生うどん販売を開催しました。
クッキーは、100円と200円の二種類を販売。どちらも可愛くラッピングされています

。 うどんはゆで時間10分程度の普通麺と、ゆで時間3分程度の細麺と三色麺の三種類(200円)を販売。コシがあって美味しいと評判です。毎回、職員も楽しみにしています。

場所は院内1階の売店横、岡山旭東病院の歴史がわかる「展示室」にておこなっております。
次回販売は3/5(火)10:00~の予定です。

道化教室

2/17(日)
テーマ:パフォーマンスに凝ってみよう!見せ方・演じ方の研究
案内人:塚原成幸 氏(道化師)
内容:「パフォーマンスの見せ方の工夫~取り組んできた技を交えながら、発表の仕方を実践してみよう~」 

パフォーマンスの見せ方の工夫をしながら、発表の仕方を実践しました。これまで芸を磨いてきた方も、初めての方もご参加され、面白がって、新しいことに挑戦する時間となりました。

おかやまあかいはな道化教室の詳細はこちら

愛脳会

2/16(土)
当院では「愛脳会」と称して、脳を守り、健康長寿を願って脳の病気の予防、脳ドックの普及啓蒙をおこなってきました。25回目を迎えた今年は、土井院長による「脳の健康・身体の健康」、内科部長 黒住医師による「胃と大腸の検査はとっても大切です」、放射線科 主任医長 大西医師による「PET・がんドックのススメ」の講演をおこないました。講演後には、健康相談をおこない多くの方々にご参加いただき、盛会となりました。

一般職員研修

2/14(木)
テーマ:チーム医療とチーム経営の実現に向けて~多職種連携・財団連携・地域連携~
岡山旭東病院、岡山ハッピィライフ操風の職員が集まり、働きやすい職場づくりについて学び、意見を交し合う一般職員研修。研修委員による基調講演や感染管理、医療安全、倫理の勉強をおこない、最後に明日から実践できる目標を各自で決めました。
働きやすい職場を目指し、職員一人一人がより良いチームづくりについて学ぶことができ、とても有意義な研修となりました。

ピアノデュオコンサート

2/12(火)
新池谷有美さんと大石邦子さんによる、ピアノデュオコンサートを開催しました。
パッヘルベルの「カノン」やフィギュアスケートの選曲で有名になった「仮面舞踏会」、サン・サーンスの「動物の謝肉祭」など、1台のピアノで連弾演奏をしていただきました。最後にみなさんで「ペチカ」や「上を向いて歩こう」をタンバリンやマラカスなどでリズムを取りながら歌を歌い、楽しいコンサートとなりました。

クッキー・うどん販売

2/5(火)
恒例となっている、社会福祉法人むぎの会かがやき作業所の方々によるクッキーと生うどん販売を開催しました。
クッキーは、100円と200円の二種類を販売。どちらも可愛くラッピングされています

。 うどんはゆで時間10分程度の普通麺と、ゆで時間3分程度の細麺と三色麺の三種類(200円)を販売。コシがあって美味しいと評判です。毎回、職員も楽しみにしています。

場所は院内1階の売店横、岡山旭東病院の歴史がわかる「展示室」にておこなっております。
次回販売は2/19(火)10:00~の予定です。

須山 敦仁 写真展

2/1(金)~2/28(木)
岡山大学医学部医学科で日々医学の勉強をする傍ら、休日は趣味で写真を撮り歩いています。
自分の趣味が医療の場で何か活きる方法はないかと模索していた折、「医療と芸術の融合」をモットーに掲げられている岡山旭東病院から写真展のお話をいただきました。
この写真展を通じて患者さんやそのご家族の方が私の撮影した四季折々の風景を見て、不安や緊張感から少しでも開放され、前向きに治療やリハビリをおこなえるきっかけになれば幸いです。

医療・福祉・介護教室

1/30(水)
医療・福祉・介護教室では、病気や障害により介護が必要になったり、高齢になっても、安心してその人らしくイキイキとした生活が送られるよう、医療・介護・福祉・生活など、暮らしに役立つ制度や情報を医療ソーシャルワーカー(社会福祉士)がご紹介しております。
また、個別の相談や質問も受け付けております。
今回は『介護保険制度の使い方あれこれ~在宅サービスから施設サービスまで~』と題し、介護保険制度についてご紹介しました。

糖尿病教室

1/23(水)
糖尿病教室は、皆さまに糖尿病への理解を深め、健康的な生活を送っていただけるように、各専門の医療スタッフが分かりやすくお話しております。また、個別の相談や質問も受け付けております。今回は各専門のスタッフが「血糖値を上がりにくくする食べ方ついて」と題し、講演しました。

次回は、2月27日(水)13:30~岡山旭東病院本館2階会議室「ひるがお」にて開催予定です。会場が変更となっておりますので、ご注意ください。

第102回転倒予防健康教室

1/22(火)
整形外科医師の副院長 土井基之がコーディネーターとなり、加齢に伴う筋力低下などによる転倒を予防するための健康教室を毎月第3火曜日に開催しています。
今回は、脳神経外科 佐藤元美医師が「脳神経外科疾患について」と題して、転倒後に発症の恐れのある慢性硬膜下血腫について紹介をしました。その後、作業療法士による「最新の認知症予防+体操」では、認知症について説明した後、脳の機能を活性化させる体操をレクチャーしました。

次回は2月19日(火)14:00~開催予定です。

クッキー・うどん販売

1/22(火)
恒例となっている、社会福祉法人むぎの会かがやき作業所の方々によるクッキーと生うどん販売を開催しました。
クッキーは、100円と200円の二種類を販売。どちらも可愛くラッピングされています

。 うどんはゆで時間10分程度の普通麺と、ゆで時間3分程度の細麺と三色麺の三種類(200円)を販売。コシがあって美味しいと評判です。毎回、職員も楽しみにしています。

場所は院内1階の売店横、岡山旭東病院の歴史がわかる「展示室」にておこなっております。
次回販売は2/5(火)10:00~の予定です。

一般職員研修

1/19(土)
テーマ:チーム医療とチーム経営の実現に向けて~多職種連携・財団連携・地域連携~
岡山旭東病院、岡山ハッピィライフ操風の職員が集まり、働きやすい職場づくりについて学び、意見を交し合う一般職員研修。研修委員による基調講演や感染管理、医療安全、倫理の勉強をおこない、最後に明日から実践できる目標を各自で決めました。
働きやすい職場を目指し、職員一人一人がより良いチームづくりについて学ぶことができ、とても有意義な研修となりました。

北の宿から、愛をこめて

1/18(金)
J.J.Projectのお二人によるサックスコンサートを開催しました。
2本のサックスで演歌の「北の宿から」や「雪国」、ジャズの「オール ザ シングス ユー アー」などさまざまなジャンルの曲を披露していただきました。
最後に「見上げてごらん」を演奏いただき、みなさん素敵なひと時を過ごしました。

MOA旭東美術文化展 ワークショップ

1/16(水)
健康の駅で展示をして下さっているMOA旭東美術文化展による花器のワークショップを開催しました。牛乳パックに少し切込みを入れ、好きな柄の紙や和紙を張り付けて素敵な花器を作り、お花を生けました。
現在、患者さまが制作した作品も展示しておりますので、是非ご覧ください。

クッキー・うどん販売

1/8(火)
恒例となっている、社会福祉法人むぎの会かがやき作業所の方々によるクッキーと生うどん販売を開催しました。
クッキーは、100円と200円の二種類を販売。どちらも可愛くラッピングされています。

うどんはゆで時間10分程度の普通麺と、ゆで時間3分程度の細麺と三色麺の三種類(200円)を販売。コシがあって美味しいと評判です。毎回、職員も楽しみにしています。

場所は院内1階の売店横、岡山旭東病院の歴史がわかる「展示室」にておこなっております。
次回販売は1/20(火)10:00~の予定です。

互礼会

1/4(金)

診察時間前にパッチ・アダムスホールに職員が集まり、新年のご挨拶会「互礼会」をおこないました。本年も宜しくお願い申し上げます。

ページのトップへ