岡山旭東病院
 岡山旭東病院は脳・神経・運動器疾患の治療に力を入れています
We treat all of neurological and motor system diseases.
当院の役割ご利用の皆さまへ地域の皆さまへ診療報告当院の取り組み医療関係の方へ医療機器・検査技術
>> トップページへ >>当院の取り組み
当院の取り組み
TQMセンター
感染予防
掲載記事
学会・学術・論文
共育(共に育つ)
癒しの環境整備
皆さまの声
日本医療機能評価
プライバシーマーク
ISO15189認証取得
おかやま子育て
応援宣言企業登録
くるみんマーク

安全な医療環境を提供するために 適切な対策が必要とされる感染対策
 
院内感染予防対策に関する基本的な考え方
 岡山旭東病院(以下「院内」)においては、医療関連感染を未然に防止するとともに、ひとたび感染症が発生した際には拡大防止のために、その原因を速やかに特定して、これを制圧、終息させることが重要である。院内感染予防対策を全職員が把握し、病院の理念に則った医療を提供できるように本指針を作成する。
 
院内感染予防対策に関する組織の基本事項
 院内における院内感染予防対策推進のため、以下の組織を設置する。

◆感染委員会
 病院長を議長とし、関係各部門責任者及び感染管理部門代表を構成員として組織する感染委員会を設け、毎月1回定期的に会議を行う。
 院内感染防止対策に関して必要な事項について協議・審査、感染防止対策に係る方針を決定する諮問機関として設置する。

◆感染管理部門(医療安全管理部会内)
 院内感染等の発生防止に関する業務を行うため医療安全管理部会内に感染管理部門を置く。感染管理部門は病院長が指名する医師(ICD)、看護師(ICN)、臨床検査技師、薬剤師で構成され、インフェクション・コントロール・チーム(ICT)の中核となり、院内感染発生防止のための調査・研究及び対策の確立に関し、迅速かつ機動的に活動を行う。それぞれの職種の専門性を生かし、協力しながら組織横断的に活動を行う。また、緊急時は、臨時会議を開催する。

◆インフェクション・コントロール・チーム(ICT)
 感染管理部門に、各部署の代表者を加え、インフェクション・コントロール・チーム(ICT)を結成する。各部署のICTメンバーは同部署職員に感染委員会の決定事項を確実に浸透させるとともに、感染予防対策上必要な知識・技術を習得し、同部署職員に教育・研修を行う。
 また、毎月1回定期的に会議を行い感染管理部門の活動に協力する。
 
職員研修に関する基本方針
 病院職員に対して、採用時、およびその後、定期的に教育研修を実施する。
 感染予防対策研修会を年2回以上実施し、職員の感染予防対策に関する意識の向上、知識・技術の向上を図る。
 
感染症の発生状況の報告に関する基本方針
 院内ラウンドを実施し、院内各部署の感染管理状況の把握と現場への個別指導を行い、感染予防対策にあたる。
 細菌検査室からの細菌分離情報は、感染予防対策室・ICTに報告され検討のうえ院内各部署に周知する。
 院内で発生した感染症の発生状況や原因に関するデータを継続的かつ組織的に収集して、的確な感染予防対策を実施できるように、各種サーベイランスを可能な範囲で実施する。
 
  院内感染症発生時あるいは異常発生時の対応に関する基本方針
 院内感染発生時には、発生部署の職員が直ちに感染管理部門に報告し、検査課は発生状況を病院長ならびに感染委員会に報告する。
 感染管理部門は、発生原因の究明、感染経路の遮断及び感染の拡大防止に努める。
 また、院内感染に対する対応結果については、感染委員会を通じて病院内各部署に周知する。
  患者等への情報提供と説明に関する基本方針
 本指針は,本院ホームページにおいて,患者又は家族が閲覧できるようにする。
疾病の説明とともに,感染防止の基本についても説明し,理解を得た上で,協力を求める。
  感染予防対策に関する地域医療機関との連携
 院内における感染予防対策の実施にとどまらず、地域全体における感染予防対策の向上に積極的に取り組む。
 具体的には、感染管理部門構成員と感染対策連携加算2を取得している連携病院の感染管理担当者との感染対策合同カンファレンスの定期開催や、感染対策連携加算1を取得している連携病院と感染予防止策に関する相互評価を実施するなどして、感染予防対策に関する地域医療機関間の連携強化に努める。
  その他院内感染予防対策の推進のための基本方針
 感染管理部門が定めた「感染予防マニュアル」を電子カルテ内に常備するとともに、職員はこれを遵守する。また、マニュアルは必要に応じて見直し、改訂結果は職員に周知徹底する。
関連施設 | 患者様の権利 | 個人情報保護方針 | サイトマップ | お問合せ | リンク
 〒703-8265 岡山県岡山市中区倉田567-1 Tel.086-276-3231/Fax.086-274-1028
(C) 2006 Okayama Kyokuto Hospital All right reserved.