岡山旭東病院
 岡山旭東病院は脳・神経・運動器疾患の治療に力を入れています
We treat all of neurological and motor system diseases.
>> トップページへ
2018年


REBIRTH Concert
~With All Thanks.感謝を込めて~
8/7(火)
 「REBIRTH(リバース)」のみなさんによるバンドコンサートを開催しました。
「真っ赤な太陽」「愛燦燦」「天城越え」などの演歌で馴染み深い曲を、ボーカル、キーボード、ドラム、エレキギター、ベースなどでご演奏いただきました。会場のみなさんも一緒に「ふるさと」や「川の流れのように」を歌い、とても楽しいひと時を過ごしました。


押し花 作品展 8/3(金)〜8/30(木)最終日14時まで
押し花 作品展 四季折々の花・草・野菜などを乾燥させて、構図を考え押花絵の作品に表現してみました。どうぞ、ごゆっくりご覧ください。
尾崎 二三子


第21回 お取引先担当者様との懇談会 7/28(土)
 当院と取引をさせていただいているお取引先の担当者さまに日頃の感謝の意を込めて、毎年、懇親会を開催しています。今年は当院の医師から当院の取り組みをご紹介した後、クラリネット奏者 栗原泉さん、ピアニスト 矢木裕子さんによるクラリネット・ピアノコンサートを開催しました。その後、院内見学をしていただき、最後には当院の調理師達が腕を振るった料理で懇親会を開催しました。約80名が参加してくださり、とても充実した時間を過ごすことができました。


岡山旭東病院 病院見学ツアー サマー企画 キッズ デイ 7/26(木)
 小学生を対象に、医療に興味を持ってもらうことを目的として病院見学ツアーキッズデイを開催しました。今回で8年目となるキッズデイでは実際の内視鏡の操作の体験をして、楽しく学びました。また、白衣を着て手洗いや車いすや受付体験をしたり、救急車に乗ってみたり、検査室で血液についてしっかりと勉強しました。子供たちの夏休みの思い出になれば幸いです。


糖尿病教室 7/25(水)
 糖尿病教室は、皆さまに糖尿病への理解を深め、健康的な生活を送っていただけるように、各専門の医療スタッフが分かりやすくお話しております。また、個別の相談や質問も受け付けております。 今回は看護師が「フットケア」と題し講演しました。次回は、8月22日(水)13:30〜岡山旭東病院本館2階会議室「あさがお」にて開催予定です。どなたでもご参加いただけます。


朗読会 大人のための絵本の世界 7/23(月)
 中山美保さんと、グループ「花音(かのん)」のみなさんによる朗読会を開催しました。 家族を思いやる愛の物語「花さき山」、盲導犬と少女の心あたたまる物語「そっといちどだけ」、さまざまな所説がある桃太郎の1つの物語「おかやま桃太郎ものがたり 吉備津彦と温羅」を解説つきで朗読いただきました。 声の高さや話し方1つ変えることで、多彩な役を演じる朗読者に、来場者のみなさん楽しく、時には涙を流して聞き入り素敵なひと時を過ごしました。


第96回転倒予防健康教室 7/17(火)
 整形外科医師の副院長 土井基之がコーディネーターとなり、加齢に伴う筋力低下などによる転倒を予防するための健康教室を毎月第3火曜日に開催しています。今回は、整形外科 平野浩司医師が「骨粗しょう症マネージャーについて」と題して当院でおこなっている骨粗しょう症の専門外来のご紹介と骨粗しょう症マネージャーについてご説明しました。その後、理学療法士による「グループワーク:地域で出来そうな取り組みについて」では、地域で出来そうな取り組みについてグループに分かれて話し合っていただいた後、認知症予防のエクササイズをおこないました。また今年度から、自宅での運動継続を促進するためのスタンプカードを希望者に配布しております。スタンプを集めると特典がありますので、カードをご希望の方は、次回の教室でスタッフまでお声かけください。 次回は、8月21日(火)14:00〜開催予定です。どなたでもご参加いただけます。


一般職員研修 7/13(金)
 テーマ:チーム医療とチーム経営の実現に向けて〜多職種連携・財団連携・地域連携〜
岡山旭東病院、岡山ハッピィライフ操風の職員が集まり、働きやすい職場づくりについて学び、意見を交し合う一般職員研修。研修委員による基調講演や感染管理、医療安全、倫理の勉強をおこない、最後に明日から実践できる目標を各自で決めました。働きやすい職場を目指し、職員一人一人がより良いチームづくりについて学ぶことができ、とても有意義な研修となりました。


石川貴之復活コンサート 7/10(火)
 チューバ 石川貴之さん、ピアノ(音楽療法士)坂井郁子さんによる石川貴之復活コンサートを開催しました。石川さんは事故にあい、長い間リハビリを続けられました。音楽ならまだやれる、と幼少から続けているチューバでこのたび復活コンサートと題して当院で開催いただきました。「アメージンググレイス」「川の流れのように」「ハナミズキ」などをご演奏いただき、2人の息の合った演奏とお話にみなさん、聴き入りました。アンコールでは「ふるさと」をご演奏いただき、石川さんの頑張る姿にみなさん勇気をいただきました。




クッキー・生うどん販売 7/3(火)
 恒例となっている、社会福祉法人むぎの会かがやき作業所の方々によるクッキーと生うどん販売を開催しました。
クッキーは、100円と200円の二種類を販売。どちらも可愛くラッピングされています。
うどんはゆで時間10分程度の普通麺と、ゆで時間3分程度の細麺と三色麺の三種類(200円)を販売。コシがあって美味しいと評判です。毎回、職員も楽しみにしています。 場所は院内1階の売店横、岡山旭東病院の歴史がわかる「展示室」にておこなっております。次回販売は7/17(火)10:00〜の予定です。


残しておきたい風景展 6/29(金)〜8/2(木)最終日10時まで
私は、きれいな絵は描きません。食料を作り続けてきた人達を住めなくし、お年寄りだけ残し、空き家を増やし続けているのはだれの責任か。あまりにも富の分配が偏っている。力は小さいけれど真っ直ぐものを見て、世の不合理を絵で訴え続けてまいります。
山本峰三(76歳)
荒木 雄一郎
ギャラリートーク
6/27 (水)
 健康の駅にて展示をして下さった荒木雄一郎さんによるギャラリートークを開催しました。
 健康の駅にて展示をしていただいていた絵画の他、院内各所に展示してある荒木さんの描かれた絵画の解説や思いを話していただきました。
糖尿病教室 6/27 (水)
 糖尿病教室は、皆さまに糖尿病への理解を深め、健康的な生活を送っていただけるように、各専門の医療スタッフが分かりやすくお話しております。また、個別の相談や質問も受け付けております。 今回は看護師が「あなたの目は大丈夫?」と題し講演しました。次回は、7月25日(水)13:30〜岡山旭東病院本館2階会議室「あさがお」にて開催予定です。どなたでもご参加いただけます。
リーダー・医局研修 6/23(土)
テーマ:チーム医療とチーム経営の実現に向けて 〜多職種連携・財団連携・地域連携〜 2025年に向けて高齢化率は益々進行し、疾病構造の変化や人口減少も迎えていきます。政治・経済においても不 安定な状況が続く中、今年度は医療・介護同時改定が行われ、病院のあり方を問われる時代と言えます。多くの喫緊 の課題や今後の展望に向けて、互いに知恵を出し合い、支え合い、実践に活かす組織風土と行動力が不可欠です。リーダーとして今為すべきことを考え組織の結束を強める機会としました。今後も組織の結束を強め、よい医療を提供できるよう、努めてまいります。




クッキー・生うどん販売 6/19(火)
 

恒例となっている、社会福祉法人むぎの会かがやき作業所の方々によるクッキーと生うどん販売を開催しました。
クッキーは、100円と200円の二種類を販売。どちらも可愛くラッピングされています。
うどんはゆで時間10分程度の普通麺と、ゆで時間3分程度の細麺と三色麺の三種類(200円)を販売。コシがあって美味しいと評判です。毎回、職員も楽しみにしています。 場所は院内1階の売店横、岡山旭東病院の歴史がわかる「展示室」にておこなっております。次回販売は7/3(火)10:00〜の予定です。

第95回転倒予防健康教室 6/19(火)
整形外科医師の副院長 土井基之がコーディネーターとなり、加齢に伴う筋力低下などによる転倒を予防するための健康教室を毎月第3火曜日に開催しています。今回は、整形外科 大西亨医師が「地域包括ケアシステムについて」と題して地域包括ケアシステムの概要についてご紹介しました。その後、理学療法士による「地域、集団でできる転倒・認知症予防」では、運動と地域の中での社会的交流の重要性についてお話しました。また今年度から、自宅での運動継続を促進するためのスタンプカードを希望者に配布しております。スタンプを集めると特典がありますので、カードをご希望の方は、次回の教室でスタッフまでお声かけください。
次回は、7月17日(火)14:00〜開催予定です。どなたでもご参加いただけます。
道化教室 6/17(日)
テーマ:パフォーマンスに凝ってみよう!
見せ方・演じ方の研究
案内人:塚原成幸 氏(道化師)

内容:「パフォーマンススキルを学ぶ@
~身近な道具を使って遊ぶ~」
体を動かしてパフォーマンスを研究する中で、人の笑顔を引き出す技とココロを体現してみましょう。技を見せること、演じることにこだわった教室テーマは初めて。この新たな挑戦を、一緒に楽しんでみませんか?

次回の開催は9月9日(日)13:00〜となります。 おかやまあかいはな道化教室の詳細はこちら
http://akaihana.sakura.ne.jp/


園芸教室 6/16(土)
 年4回、当院専属ガーデナーを講師に、開催している園芸教室。参加者は講師から植え方のコツを教わりながら、思い思いの寄せ植えを作りました。
次回の開催は9月8日(土)14:30〜となります。(※材料代1,000円) 持参の鉢にも寄せ植えをしていただけます。自宅にあるお気に入りの鉢に寄せ植えをしてみませんか?お持ちいただいた方には草花の株を1つプレゼントしています。※お申込みの際に、鉢持参の旨をお伝えください。
新人メンタルヘルスフォローアップ研修 6/14(木)
 4月に入職した、新入職員を対象に、メンタルヘルスのフォローアップ研修をおこないました。講師は当院の心理士が担当。入職して約3か月経過し、職場や仕事に慣れてきた一方で、多くの悩みを抱えるこの時期に起こりやすい心の不安を解消するべく「私達の心に起こる変化とコミュニケーション」と題し、グループワークを交えて受講しました。
今後も、当院の職員の一員として、仲間と支え合い、楽しくやりがいをもった仕事ができるよう、全職員で努めてまいります。


感染管理勉強会 6/14(木)
 テーマ「一般病院における結核患者の早期発見とその後の対応について」と題し、全職員を対象に感染管理研修会を開催しました。
 公益財団法人 岡山県健康づくり財団附属病院 院長 西井研治先生にご講演いただきました。結核の現状や検査の判定、診断について集団感染の実例をもとに教訓・防止・対策のポイントを解説いただきました。
 今回学んだことを生かして、これからも安心して生命をゆだねられる病院を目指し、日々邁進してまいります。


アイリッシュコンサート 6/12(火)
 守安功・雅子ご夫妻によるアイルランド音楽アイリッシュコンサートを開催しました。木製フルート、アイリッシュハープ、コンサーティーナ、そしてスプーンなど多彩な楽器や道具を使用して、「コンドルは飛んでいく」「愛のグラウンド」など観客のリクエストに応えて、その場で選曲をするスタイルで演奏してくださいました。飛び入りで岡山で活動中のアイルランド音楽ユニット「リープリック(LeapRick)」のみなさんもご演奏なさられました。観客の皆さんもリズムにのって足踏みをおこなったりとあっという間に1時間が過ぎ、素敵なひと時を過ごしました。




クッキー・生うどん販売 6/5(火)
 恒例となっている、社会福祉法人むぎの会かがやき作業所の方々によるクッキーと生うどん販売を開催しました。
クッキーは、100円と200円の二種類を販売。どちらも可愛くラッピングされています。
うどんはゆで時間10分程度の普通麺と、ゆで時間3分程度の細麺と三色麺の三種類(200円)を販売。コシがあって美味しいと評判です。毎回、職員も楽しみにしています。 場所は院内1階の売店横、岡山旭東病院の歴史がわかる「展示室」にておこなっております。次回販売は6/19(火)10:00〜の予定です。


オカリナ♪アイリスコンサート 6/5(火)
 「オカリナ♪アイリス」のみなさんよるオカリナピアノコンサートを開催しました。
「星に願いを」「海の声」「踊り明かそう」などオカリナとピアノのハーモニがホールに響き、また「雨だれのプレリュード」のピアノソロを奏でていただきました。みなさん美しいハーモニーに耳を傾け、「夏の思い出」では一緒に歌を歌いました。懐かしい曲にリズムをとったりなど、みなさん楽しいひと時を過ごしました。


荒木 雄一郎 水彩・油彩展 6/4(月)〜6/27(水)最終日15時まで
私の人生で中津瀬画伯との出会いが絵を描き始める大きなきっかけとなりました。そして、似顔絵ではなく絵における女性の美しさを表現しようとひたすら描き続けてきました。このような私の思いを皆様に汲みとっていただけたら幸甚です。
荒木雄一郎
ギャラリートーク開催
6/27(水)14時〜15時
サブリーダー研修 6/2(土)
同財団の岡山リハビリテーション病院と合同で中堅職員対象のサブリーダー研修を開催しました。今回は公益財団法人 大原記念倉敷中央医療機構臨床研究支援センター 副センター長 徳増 裕宣先生に「医療分野で倫理を考えるために必要なこと」と題して講演をいただいた後、グループディスカッションを実施しました。 昨今の厳しい医療情勢の中で、地域から選ばれる病院を目指していくには、多職種間でお互いに知恵を出し合い、支え合い、実践に活かし合える組織風土と行動力が必要です。サブリーダーとして、全体最適に向けた有意義な研修となりました。
第60回共育塾 5/25(金)
 当院は共に学び、共に成長する学習型病院を目指し、その一貫として、それぞれが研修や見学などで学んできたことや持っている知識を共有し、学び合う、共育塾を開催しています。
 今回の共育塾では、中国へ医療視察研修にいった2名の職員による報告会を開催しました。今後も、様々な分野の学習や知識の共有をおこない、全職員で共に学び合い高めあえる組織風土を築いていきたいと思っています。
糖尿病教室 5/23(水)
 糖尿病教室は、皆さまに糖尿病への理解を深め、健康的な生活を送っていただけるように、各専門の医療スタッフが分かりやすくお話しております。また、個別の相談や質問も受け付けております。 今回は医師が「星野仙一と癌」と題し講演しました。次回は、6月27日(水)13:30〜岡山旭東病院本館2階会議室「あさがお」にて開催予定です。どなたでもご参加いただけます。


院内箏コンサート- 和の響きと共に - 5/22(火)
 三上澄美(すみよし)さん、三上美涼(よしすず)さんによる箏コンサートを開催しました。
一度耳にしたことがある「春の海」や「飛躍」・「じょんがら」など曲の解説を交えながら、ご演奏いただきました。2台の箏の美しいハモリにみなさん、素敵なひと時を過ごしました。



若葉の会・新人フォローアップ研修 5/18(金)〜5/19(土)
テーマ:相互理解 対象:新入職員 岡山旭東病院と岡山リハビリテーション病院へ4月に入職した職員を対象に、一泊研修を開催。 入職して約1ヶ月。職場にも慣れはじめ、いろいろな不安や疑問もでてくるこの時期、職場での仲間づくりは今後の業務においても大切な役割を果たします。 研修では、「医療安全」「感染管理」「自己理解」などを学び、入職して1年目の先輩職員から「一年を振り返りチームの一員として」の体験を聞きました。一泊二日という時間で、たくさんの交流を図ることができました。


第13回 癒しの環境院内学会 5/17(木)
「すまいる〜笑顔をとどける・笑顔をつなぐ〜」をテーマに、第13回癒しの環境院内学会を開催しました。 はじめに、清泉女学院短期大学 幼児教育科 准教授(社会福祉士) CLOWN LABO PROJECT 代表 道化師・紙芝居実演家 塚原成幸先生 に「笑顔で築く信頼関係 〜 ユーモア・コミュニケーションのすすめ 〜 」と題しご講演いただきました。 その後、職員から院内アート、病棟看護、6S活動、外来・入院アンケート調査での取り組みについての4つの事例発表があり、最後にグループ討論をおこないました。 各部署の各職員が、心をこめて業務をおこない、より良い環境を提供できるよう、この研究会で学んだことを活かして取り組んでいきたいと思います。


第94回転倒予防健康教室 5/15(火)
  整形外科医師の副院長 土井基之がコーディネーターとなり、加齢に伴う筋力低下などによる転倒を予防するための健康教室を毎月第3火曜日に開催しています。今回は、副院長 土井基之医師が「岡山ハッピィライフ操風について」と題してハッピィライフ操風、デイサービスセンター操風の概要についてご紹介しました。その後、理学療法士による「転倒しないために気を付けること!」では、トレーニングを実施し、「転倒しないために気を付けている事、やっている事」をテーマにグループで意見交換をおこないました。また今年度から、自宅での運動継続を促進するためのスタンプカードを希望者に配布しております。スタンプを集めると特典がありますので、カードをご希望の方は、次回の教室でスタッフまでお声かけください。
次回は、6月19日(火)14:00〜開催予定です。どなたでもご参加いただけます。




クッキー・生うどん販売 5/15(火)
 恒例となっている、社会福祉法人むぎの会かがやき作業所の方々によるクッキーと生うどん販売を開催しました。
クッキーは、100円と200円の二種類を販売。どちらも可愛くラッピングされています。
うどんはゆで時間10分程度の普通麺と、ゆで時間3分程度の細麺と三色麺の三種類(200円)を販売。コシがあって美味しいと評判です。毎回、職員も楽しみにしています。 場所は院内1階の売店横、岡山旭東病院の歴史がわかる「展示室」にておこなっております。次回販売は6/5(火)10:00〜の予定です。


サイバーナイフリニューアル記念講演会・祝賀会 5/12(土)
 岡山県医師会館、ホテルグランヴィア岡山を会場にサイバーナイフリニューアル記念講演会と祝賀会を開催しました。記念講演会では、神戸低侵襲がん医療センターの西村英輝先生、新百合ヶ丘総合病院の宮崎紳一郎先生にサイバーナイフ治療についてご講演を頂きました。座長を務めて下さった、岡山大学放射線科教授 金澤右先生、脳神経外科教授 伊達勲先生には祝賀会で御祝辞を賜り、サイバーナイフ治療の今後の活躍に期待を寄せていただきました。
定位放射線治療であるサイバーナイフは、今後全身対応に向けて進化させ、高齢者など多くの患者さんにとって、侵襲の少ない治療を提供していけるよう努めていきたいと思います。


マジックシンガーズ 5/9(水)
 マジックシンガーズ4名によるマジックと歌を開催しました。観客の方に水の入ったコップを持っていただき、その水を無くすマジックや何もない所から本物の金魚を出現させたり、次々おこるマジックにあっと驚かれました。また「美少女戦士セーラームーン」「キューティーハニー」「魔女の宅急便」「天空の城ラピュタ」など美しいハモリを披露しながら、歌詞の中に出てくるものをマジックで登場させるなど多彩で、マジックだけでなくユーモアあふれるお話や歌、健康体操などみなさん魔法にかかったひと時をすごされました。


クッキー・生うどん販売 5/1(火)
 恒例となっている、社会福祉法人むぎの会かがやき作業所の方々によるクッキーと生うどん販売を開催しました。
クッキーは、100円と200円の二種類を販売。どちらも可愛くラッピングされています。
うどんはゆで時間10分程度の普通麺と、ゆで時間3分程度の細麺と三色麺の三種類(200円)を販売。コシがあって美味しいと評判です。毎回、職員も楽しみにしています。 場所は院内1階の売店横、岡山旭東病院の歴史がわかる「展示室」にておこなっております。次回販売は5/15(火)10:00〜の予定です。


川崎医療福祉大学 医療福祉デザイン学科
卒業制作選抜展 2018
4/27(金)〜5/31(木)最終日14時まで
 私たちにとって「デザイン」とは何でしょう?ポスター、イラスト、家具など多種多様なデザインは生活をよりよくしてくれる存在です。私たち医療福祉デザイン学科では、各コースで知識や技術を学び、医療・福祉分野におけるデザインとは何かを考えながら作品制作を行っています。
 「人に寄り添うデザインを目指して」今回の制作展はそんな思いで出来上がった4年間の集大成です。大学生ならではの視点や発想の数々から私たちの思いを感じてもらえれば幸いです。
 まだまだ未熟な私たちですが、それぞれの分野でそれぞれの優しさ、思いを込めました。作品を通し、医療・福祉分野のデザインについてより多くの方々に興味・関心を持っていただければと思います。
医療福祉デザイン学科15期生
糖尿病教室 4/25(水)
 糖尿病教室は、皆さまに糖尿病への理解を深め、健康的な生活を送っていただけるように、各専門の医療スタッフが分かりやすくお話しております。また、個別の相談や質問も受け付けております。
今回は看護師が「糖尿病を知ろう〜糖尿病クイズ〜」と題し講演しました。次回は、5月23日(水)13:30〜岡山旭東病院本館2階会議室「あさがお」にて開催予定です。どなたでもご参加いただけます。
2018年度 財団合同接遇研修会 4/19(木)
 接遇研修会を毎年1回開催しています。今回は、瀬戸川礼子先生に「職員・患者・地域に愛される おもてなし経営」と題し、ご講演いただきました。おもてなしとは?働き甲斐とは?たとえ誰からも気づかれなくてもしてあげたいと思う見返りを求めない心の大切さなど例を挙げてご教授いただきました。何事も変えるためには「始まりは、じぶんから」。 当院スタッフも、患者さまの今後を考えた治療やおもてなしを意識し、地域に寄り添う医療に努めてまいります。


河口めぐみスプリングコンサート 4/18(水)
 ソプラノ河口めぐみさん、ピアノ松本加代子さん、クラリネット熱田昭夫さんによるスプリングコンサートを開催しました。「タイム・トゥ・セイ・グッバイ」「さみしいかしの木」「アヴェ・マリア(カッチーニ)」「スマイル (チャールズ・チャップリンの曲)」など映画音楽、クラシック曲、ジャズなど多彩なジャンルの曲を披露していただきました。ソプラノとピアノ、クラリネットとピアノなど1時間の間にさまざまな楽器の組み合わせや音楽にみなさま楽しいひと時を過ごされました。


第93回転倒予防健康教室
4/17(火)
  整形外科医師の副院長 土井基之がコーディネーターとなり、加齢に伴う筋力低下などによる転倒を予防するための健康教室を毎月第3火曜日に開催しています。今回は、整形外科 土井英之医師が「腰椎の疾患について」と題して腰椎の疾患の治療方法、手術の種類について説明しました。その後、理学療法士による「転倒予防について知ろう!」では、トレーニングやストレッチ方法をレクチャーしました。また今年度から、自宅での運動継続を促進するためのスタンプカードを希望者に配布しております。スタンプを集めると特典がありますので、カードをご希望の方は、次回の教室でスタッフまでお声かけください。
次回は、5月15日(火)14:00〜開催予定です。どなたでもご参加いただけます。


後藤敏恵水彩画
ギャラリートーク
4/10(火)
 4/4(水)〜4/24(火)1階健康の駅にて展示中の後藤敏恵さんがお越しになり、ギャラリートークを開催しました。絵を描く時のテーマ選びやモチーフのもつ意味など、さまざまなことを教えていただきました。


2018年度新人歓迎会 4/6(金)
 新人歓迎会を開催し、新人の皆さんのスピーチや、院内部活動の紹介などで院内の職員らと交流を図り、当院栄養課の振る舞う美食を堪能しました。これから、共に学び、共に育っていきたいと思います。


2018年度新人研修 4月2(月)・4(水)
 今年度も新しい仲間が加わりました。
新卒・中途採用あわせて29名が研修に参加。研修では、各部署の所属長によるそれぞれの部署の紹介や、院内見学をおこないました。また、関連病院である岡山リハビリテーション病院の見学をおこない「一般財団法人操風会を知ること」と「社会人として基本を身に付ける」「自分達で考える」を目的に学びました。これから、共に学び、共に育っていきたいと思います。


後藤敏恵 水彩画教室 4/4(水)〜4/24(火)
 植物って美しい。
いつも「花は花らしく、葉っぱは葉っぱらしく」、「植物それぞれの持ち味を描き出したい」と願って描いています。
ギャラリートーク開催
4/10(火)15時〜16時


第30回パーキンソン病健康教室 3/31(土)
 神経内科部長 柏原健一医師のコーディネイトによる年2回開催の健康教室をおこないました。 今回は、公益財団法人 横浜勤労者福祉協会 汐田総合病院 神経内科科長 菊池雷太先生に「パーキンソン病の歴史と花火」をご講演いただいたあと、医療法人 鉄蕉会 亀田総合病院 神経内科部長 福武敏夫先生に「パーキンソン病との付き合い方」をご講演いただきました。最後に当院のリハビリテーション課スタッフにより「身体を動かしてみよう」と題し、体操をおこないました。たくさんのお申込みをいただき、約570名のみなさんにご参加いただきました。


経営指針発表会 3/29(木)
 経営指針発表会を全職員参加でおこないました。
この会は、院内の各部署が作成した新年度の目標を発表するものです。
昨年の目標を達成し、新たな課題が見えてきました。今年度も医療に関する目標だけでなく、業務改善やコミュニケーション、5S(整理・整頓・清潔・清掃・躾)への取り組みなども各部署から発表しました。より良い病院を目指して、患者さまの視点とご意見を交えて目標達成に向け邁進していきます。


糖尿病教室
3/28(水)
糖尿病教室は、皆さまに糖尿病への理解を深め、健康的な生活を送っていただけるように、各専門の医療スタッフが分かりやすくお話しております。また、個別の相談や質問も受け付けております。
今回は歯科衛生士が「あなたの歯は大丈夫?」と題し講演しました。次回は、4月25日(水)13:30〜岡山旭東病院 本館2階会議室「あさがお」にて開催予定です。どなたでもご参加いただけます。


園芸教室 3/24(土)
 年4回、当院専属ガーデナーを講師に、開催している園芸教室。参加者は講師から植え方のコツを教わりながら、思い思いの寄せ植えを作りました。
次回の開催は2018年6月16日(土)14:30〜となります。(※材料代1,000円) 持参の鉢にも寄せ植えをしていただけます。自宅にあるお気に入りの鉢に寄せ植えをしてみませんか?お持ちいただいた方には草花の株を1つプレゼントしています。※お申込みの際に、鉢持参の旨をお伝えください。


オーエヌ第1保育園保育園児による創作舞踊会 3/23(金)
 オーエヌ第1保育園、園児による創作舞踊会を開催しました。「大阪ラブソディ」「かえってこいよ」「勝手にしやがれ」「孫」など懐かしい曲に合わせて年中、年長児による舞踊に、みなさま笑顔がこぼれました。綺麗な衣装とメイクをほどこし、大人顔負けの踊りや仕草に演目ごとに拍手喝さいが巻き起こりました。最後は1人1人に握手と折り紙のプレゼントをいただき、みなさま楽しいひと時を過ごされました。


第92回転倒予防健康教室
3/20(火)
 整形外科医師の副院長 土井基之がコーディネーターとなり、加齢に伴う筋力低下などによる転倒を予防するための健康教室を毎月第3火曜日に開催しています。今回は、整形外科 大西 亨医師が「骨折/最近の医療」と題して介護必要の原因となる転倒・骨折について説明しました。その後、理学療法士による「自分の身体について知ろう!」では、年3回おこなっている運動・認知機能のチェックをおこない「自分で出来る頭の活性化 3つの習慣」を講演しました。
次回は、2018年4月17日(火)14:00〜開催予定です。どなたでもご参加いただけます。


米澤尚汰 院内ピアノコンサート 3/16(金)
 米澤尚汰さんによる院内ピアノコンサートを開催しました。ベートーヴェンの「ピアノソナタ第8番 ハ短調 作品13第2楽章」や、リストの「愛の夢」「ため息」などをご演奏いただきました。ピアノ演奏だけではなく曲の解説を交えてのトークを、みなさん熱心にお聴きになりました。美しい音色に引き寄せられ、たくさんの方のご参加となり、素敵なひと時となりました。


米澤尚汰写真展 3/5(月)〜3/30(金)
 岡山大学医学部で医学の勉強をする傍ら、趣味で写真をしております。病院に来られた患者さんの生活に少しでも彩を添えられたらと思い、写真展を開かせていただくことになりました。
岡山旭東病院のシンボル、ライアン・ガンダー氏のモニュメントにインスピレーションを受け、写真展のテーマを「和」としました。「和」には、なごやか、仲の良いこと、調和、加えることなど様々な意味があります。写真を通していろんな「和」を感じていただけたらと思います。
米澤尚汰


ホワイトエンジェルス〜うたの贈り物〜 3/2(金)
 ホワイトエンジェルスのみなさんによるコーラスコンサートを開催しました。「犬が自分のしっぽをみて歌う歌」「ホテルのサラダと我が家のサラダ」などを美しいハモリで披露してくださりました。また、みなさんと一緒に「めだかの学校」「うれしいひな祭り」などを歌いました。1時間があっという間に過ぎ去り、とても素敵な演奏会となりました。


クッキー・生うどん販売 3/2(金)
 恒例となっている、社会福祉法人むぎの会かがやき作業所の方々によるクッキーと生うどん販売を開催しました。
クッキーは、100円と200円の二種類を販売。どちらも可愛くラッピングされています。
うどんはゆで時間10分程度の普通麺と、ゆで時間3分程度の細麺と三色麺の三種類(200円)を販売。コシがあって美味しいと評判です。毎回、職員も楽しみにしています。 場所は院内1階の売店横、岡山旭東病院の歴史がわかる「展示室」にておこなっております。次回販売は3/16(金)10:00〜の予定です。
 
糖尿病教室 2/28(水)
 糖尿病教室は、皆さまに糖尿病への理解を深め、健康的な生活を送っていただけるように、各専門の医療スタッフが分かりやすくお話しております。また、個別の相談や質問も受け付けております。
今回は看護師が「糖尿病と腎臓の関係」と題し講演しました。次回は、3月28日(水)13:30〜岡山旭東病院本館1階パッチ・アダムスホールにて開催予定です。どなたでもご参加いただけます。


西館階段壁面アート 2/24(土)
 川崎医療福祉大学 医療福祉デザイン学科の学生さんのご協力により、当院西館の階段にアート装飾を施していただきました。デザイン案から、プレゼン、計画、準備を経て、当日は当院職員や患者さんも一緒にアート装飾をおこないました。西館の1番奥の階段ですが、お立ち寄りの際には是非足を運んでみてください。
職員懇親会 2/23(金)

 当院では年4回、職員同士の交流を目的に懇親会を開催しています。
職員が笑顔で楽しく働ける職場であり、職員間のコミュニケーションが円滑であることが、患者さまに、より良い医療を提供することにも繋がっていると思います。これからも、より良い医療の提供を目指し、職員が笑顔でやりがいを持って働ける職場づくりを目指してまいります。

第91回転倒予防健康教室 2/20(火)
 整形外科医師の副院長 土井基之がコーディネーターとなり、加齢に伴う筋力低下などによる転倒を予防するための健康教室を毎月第3火曜日に開催しています。今回は、整形外科 横山 勝道医師が「膝について」と題して変形性膝関節症と人工関節について説明しました。その後、理学療法士による「転倒を予防するには?〜環境と身体、そして脳〜」では、視力と筋力について説明し、二重課題トレーニングをおこないました。
 次回は、2018年3月20日(火)14:00〜開催予定です。どなたでもご参加いただけます。
道化教室 2/18(日)
テーマ:コメディをつくり、演じてみよう!
案内人:塚原成幸 氏(道化師)
内容:「コメディを演じる
〜自分の価値観を活かして、コメディを表現する〜」  コメディと向き合うことは、自身の生活と向き合うことにつながり、自分の価値観との新たな出会い直しになる」。コメディづくりを始めると、本当のその人らしさが前面に現れてくるそうです。
1年を通して、学んだコメディ作りと演じ方をペアになって発表しました。

今年度の道化教室は終了しました。来年度の予定が決まりましたらまたご連絡いたします。

おかやまあかいはな道化教室の詳細はこちら
http://akaihana.sakura.ne.jp/


クッキー・生うどん販売 2/16(金)
 恒例となっている、社会福祉法人むぎの会かがやき作業所の方々によるクッキーと生うどん販売を開催しました。
クッキーは、100円と200円の二種類を販売。どちらも可愛くラッピングされています。
うどんはゆで時間10分程度の普通麺と、ゆで時間3分程度の細麺と三色麺の三種類(200円)を販売。コシがあって美味しいと評判です。毎回、職員も楽しみにしています。場所は院内1階の売店横、岡山旭東病院の歴史がわかる「展示室」にておこなっております。次回販売は3/2(金)10:00〜の予定です。

第59回共育塾 2/15(木)
 当院は職員が共に学び共に育つ学習型病院を目指しており、不定期で院内勉強会「共育塾」を開催しています。今回は退院支援チームに「病院と在宅医療の連携で患者を支える〜訪問看護師の役割〜」と題して、在宅医療の実際や在宅支援ついてご講演いただきました。住み慣れた地域で誰もが安心して生活し続けられるように、情報を共有し、多職種とさらなる連携を深めていきます。
アイルランド音楽
LeapRick(リープリック)
2/13(火)
 LeapRickのみなさんによるアイルランド音楽コンサートを開催しました。 「バターミルク」「フェアリー・チャイルド」「セント・パトリックス・デー」などハープやアイリッシュフルート、フィドルなどさまざまな楽器で奏でました。またアイルランドのダンスのを教えていただき、座ったまま手拍子やポーズを会場のみなさんと一緒におこないました。アイルランドの民族音楽の音色に癒しを感じ、素敵なひと時となりました。
岡山フィルハーモニック管弦楽団 レインボーコンサート 2/9(金)
 岡山フィルハーモニック管弦楽団のみなさんによるレインボーコンサートを開催しました。
「アイネ・クライネ・ナハトムジーク」「リベルタンゴ」や「見上げてごらん夜の星を」、大河ドラマ真田丸のメインテーマなどを披露してくださり、参加者のみなさん知っている曲に身体でリズムを刻みながら、弦楽器の美しい音色に耳を澄ましていました。拍手喝采に応えてのアンコール曲もいただき、素敵なひと時となりました。
一般職員研修 2/8(木)
 テーマ:2025年のあるべき姿に向けて 〜2018年の同時改訂を控えた今〜
 岡山旭東病院、岡山ハッピィライフ操風の職員が集まり、働きやすい職場づくりについて学び、意見を交し合う一般職員研修。 テーマを「心を込めて今できること」としてグループに分かれて各自共同作業をおこない、相手の動作をよく観察し相手が何を求めているのかを考察する大切さを改めて学びました。その他研修委員による基調講演や感染管理、医療安全、倫理・接遇の勉強をおこないました。一日の研修を実務につなげるため、最後には、一人一人が明日からできることを宣言しました。働きやすい職場を目指し、職員一人一人がより良いチームづくりについて学ぶことができ、とても有意義な研修となりました。


クッキー・生うどん販売 2/2(金)
 恒例となっている、社会福祉法人むぎの会かがやき作業所の方々によるクッキーと生うどん販売を開催しました。
クッキーは、100円と200円の二種類を販売。時期のイベントに合わせて、形が変わり今回は節分に合わせて、鬼のクッキーでした。
うどんはゆで時間10分程度の普通麺と、ゆで時間3分程度の細麺と三色麺の三種類(200円)を販売。コシがあって美味しいと評判です。毎回、職員も楽しみにしています。 次回販売は2/16(金)10:00〜の予定です。ぜひ一度ご賞味ください。


ひな人形展示中 1/31(水)〜
 ご寄贈いただいたひな人形を、受付付近に展示しております。 細工のほどこされた美しい姿に季節を感じ、院内がとても華やかになりました。 ご来院の際は、是非ご覧ください。
 ご寄贈と飾り付けをおこなってくださった方々、まことにありがとうございます。


邦楽の集い
〜琴・尺八に触れてみよう〜
1/26(金)
 尺八を小郷原かん山さん、琴を鴨美知さん・松本美悠さん・鳥越澄美佳さんの演奏による邦楽の集い演奏会を開催しました。「千鳥の曲」「こと絵巻-さくら-」「こと絵巻-故郷-」を披露してくださり、演奏後には琴と尺八に触れてみよう!と体験を開催しました。たくさんの方が参加され、音を出すことが難しい尺八も何度か挑戦しているうちに奏でることができ、また昔に琴を習っていた方は懐かしそうに奏でていました。


クッキー・生うどん販売 1/26(金)
 恒例となっている、社会福祉法人むぎの会かがやき作業所の方々によるクッキーと生うどん販売を開催しました。
クッキーは、100円と200円の二種類を販売。どちらも可愛くラッピングされています。
うどんはゆで時間10分程度の普通麺と、ゆで時間3分程度の細麺と三色麺の三種類(200円)を販売。コシがあって美味しいと評判です。毎回、職員も楽しみにしています。場所は院内1階の売店横、岡山旭東病院の歴史がわかる「展示室」にておこなっております。次回販売は2/2(金)10:00〜の予定です。
大人気でお昼頃には完売してしまいます。ぜひ一度ご賞味ください。


目澤孝 備前焼作品展 1/25(木)〜2/28(水)
 昭和49年 岡山県無形文化財故藤原建先生に師事。
昭和61年 赤磐市奥吉原に築窯。
 展示した焼物が、ほんの気晴らしにでもなりましたら幸いに思います。
糖尿病教室 1/24(水)
 糖尿病教室は、皆さまに糖尿病への理解を深め、健康的な生活を送っていただけるように、各専門の医療スタッフが分かりやすくお話しております。また、個別の相談や質問も受け付けております。
今回は看護師が「低血糖」と題し講演しました。次回は、2月28日(水)13:30〜岡山旭東病院本館1階パッチ・アダムスホールにて開催予定です。どなたでもご参加いただけます。
3病院合同ディベート研修会 1/19(金)・20(土)
 四国こどもとおとなの医療センター、アマノリハビリテーション病院のスタッフと合同ディベート研修会を開催しました。テーマは「医療機関は外国人労働者を積極的に雇うべきだ」、「観光地ゴミ箱は設置するべきだ」としてディベートをおこないました。物事を客観的に見て、論理的思考の組み立てる良い学習の機会となりました。
MOA旭東美術文化展 ワークショップ 1/18(木)
 健康の駅で展示をして下さっているMOA旭東美術文化展による花器のワークショップを開催しました。牛乳パックに少し切込みを入れ、あとは好きな柄の紙や和紙を張り付ければ、牛乳パックとは思えないほど素敵な花器になりました。たくさんの外来、入院患者のみなさまが参加し、ご家族と一緒に楽しそうに作成しました。現在、患者さまが制作した作品も展示しておりますので、是非ご覧ください。
一般職員研修 1/18(木)
 テーマ:2025年のあるべき姿に向けて 〜2018年の同時改訂を控えた今〜
 岡山旭東病院、岡山ハッピィライフ操風の職員が集まり、働きやすい職場づくりについて学び、意見を交し合う一般職員研修。 テーマを「心を込めて今できること」としてグループに分かれて各自共同作業をおこない、相手の動作をよく観察し相手が何を求めているのかを考察する大切さを改めて学びました。その他研修委員による基調講演や感染管理、医療安全、倫理・接遇の勉強をおこないました。一日の研修を実務につなげるため、最後には、一人一人が明日からできることを宣言しました。働きやすい職場を目指し、職員一人一人がより良いチームづくりについて学ぶことができ、とても有意義な研修となりました。
第90回転倒予防健康教室 1/16(火)
  整形外科医師の副院長 土井基之がコーディネーターとなり、加齢に伴う筋力低下などによる転倒を予防するための健康教室を毎月第3火曜日に開催しています。今回は、神経内科 北山 通朗医師が 「認知症について」と題して認知症の症状や治療・予防について説明しました。その後、作業療法士による「頭と体の関係を知って転倒予防!」では、体力測定や転倒予防のトレーニングをおこないました。
次回は、2018年2月20日(火)14:00〜開催予定です。どなたでもご参加いただけます。


クッキー・生うどん販売 1/12(金)
 恒例となっている、社会福祉法人むぎの会かがやき作業所の方々によるクッキーと生うどん販売を開催しました。
クッキーは、100円と200円の二種類を販売。どちらも可愛くラッピングされています。
うどんはゆで時間10分程度の普通麺と、ゆで時間3分程度の細麺と三色麺の三種類(200円)を販売。コシがあって美味しいと評判です。毎回、職員も楽しみにしています。 場所は院内1階の売店横、岡山旭東病院の歴史がわかる「展示室」にておこなっております。次回販売は1/26(金)10:00〜の予定です。
大人気でお昼頃には完売してしまいます。ぜひ一度ご賞味ください。
新年互礼会 1/4(木)
診察時間前にパッチ・アダムスホールに職員が集まり新年のご挨拶会「互礼会」をおこないました。院長、副院長による新年の挨拶の後、診療技術次長の掛け声にあわせ職員全員で新年を祝う一本締めをおこないました。本年も宜しくお願い申し上げます。
 
 〒703-8265 岡山県岡山市中区倉田567-1 Tel.086-276-3231/Fax.086-274-1028
(C) 2006 Okayama Kyokuto Hospital All right reserved.