平成28年度 岡山旭東病院 病院指標

  1. 年齢階級別退院患者数
  2. 診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  3. 初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数
  4. 成人市中肺炎の重症度別患者数等
  5. 脳梗塞のICD10別患者数等
  6. 診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  7. その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)
年齢階級別退院患者数ファイルをダウンロード
年齢区分 0~ 10~ 20~ 30~ 40~ 50~ 60~ 70~ 80~ 90~
患者数 12 169 97 126 264 371 764 1013 906 236
当院は、脳・神経・運動器疾患の総合的専門病院として患者さんにご利用いただいております。 また、地域医療支援病院、在宅療養後方支援病院として、地域の連携医療機関とともに一貫した質の高い医療の提供しております。60代以上の患者さんの割合が多い理由の一つとして、当院が脳卒中をはじめ、脳・神経・運動器疾患を専門的に診療していることが考えられます。
診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)ファイルをダウンロード
整形外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
160620xx01xxxx 肘、膝の外傷(スポーツ障害等を含む。) 腱縫合術等 139 5.67 11.91 0.00 56.25
160800xx01xxxx 股関節大腿近位骨折 人工骨頭挿入術 肩、股等 121 27.07 27.63 61.16 82.04
160760xx97xx0x 前腕の骨折 手術あり 副傷病なし 55 6.69 5.49 0.00 56.91
070230xx01xxxx 膝関節症(変形性を含む。) 人工関節再置換術等 54 32.70 26.26 3.70 76.24
070230xx02xxxx 膝関節症(変形性を含む。) 骨穿孔術等 49 35.80 30.54 0.00 60.18
骨・関節・筋腱・靭帯・脊椎・脊髄・末梢神経・リウマチなど主に運動器の疾患と、スポーツによる傷害を扱っています。当院の特徴としては膝の関節外科に専門性があり症例数の多くを占めます。膝の半月板損傷や十字靭帯断裂、反復性肩関節脱臼などのスポーツ外傷のほか、変形性膝関節症や肩腱板断裂などを含む手術目的の患者さんを多く治療しています。また近隣の救急外傷は積極的に受け入れており、大腿骨頚部骨折、椎間板ヘルニア(頚椎・胸椎・腰椎)等の脊椎外科、も増加しています。手術後のリハビリ治療などにより平均在院日数が全国平均より長くなっているものもあります。大腿骨頚部骨折(人工骨頭挿入等)の患者さんの場合は、地域連携病院と治療計画(地域連携パス)を共有することで転院を可能とし在院日数の短縮を図っています。
脳神経外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
010010xx99030x 脳腫瘍 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等23あり 副傷病なし 179 5.22 9.60 10.61 67.12
160100xx97x00x 頭蓋・頭蓋内損傷 その他の手術あり 手術・処置等2なし 副傷病なし 92 8.25 9.87 7.61 77.53
010040x099x00x 非外傷性頭蓋内血腫(非外傷性硬膜下血腫以外)(JCS10未満) 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 58 18.05 19.35 34.48 65.74
160100xx99x00x 頭蓋・頭蓋内損傷 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 41 7.15 7.52 2.44 57.46
010030xx01x00x 未破裂脳動脈瘤 脳動脈瘤頸部クリッピング等 手術・処置等2なし 副傷病なし 24 11.92 15.99 0.00 65.67
脳神経外科では、くも膜下出血、未破裂脳動脈瘤・脳内出血、もやもや病などの脳血管障害に対する外科的治療、脳・脊髄腫瘍、頭部外傷、顔面痙攣や三叉神経痛などの機能的神経疾患、頚椎椎間板ヘルニア・頸椎症など脊髄疾患など、様々な脳・神経系の疾患を治療の対象にしています。手術は必要に応じて、ナビゲーションシステムや誘発筋電図などのモニターを使って、正確で安全な手術を目指しています。腫瘍や脳動静脈奇形に対しては、必要に応じてサイバーナイフによる放射線治療もおこなっています。
神経内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
010060x2990401 脳梗塞(脳卒中発症3日目以内、かつ、JCS10未満) 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等24あり 副傷病なし発症前Rankin Scale 0、1又は2 195 18.08 16.54 24.10 73.13
010160xx99x00x パーキンソン病 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 161 18.75 18.71 3.73 72.76
030400xx99xxxx 前庭機能障害 手術なし 54 4.85 5.24 0.00 67.41
010230xx99x00x てんかん 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 48 6.21 7.12 0.00 60.38
010060x2990411 脳梗塞(脳卒中発症3日目以内、かつ、JCS10未満) 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等24あり 副傷病1あり発症前Rankin Scale 0、1又は2 45 19.60 18.76 22.22 76.47
当院神経内科は、入院においては脳卒中センターでの活動を中心に、パーキンソン病、てんかん、髄膜炎など、神経疾患急性期や急性増悪時の救急対応に重点を置いています。脳神経外科、放射線科、内科、麻酔科など、小規模専門病院ならではの他科との素早い連携がポイントです。リハビリテーション科と連携した早期からのリハビリも特色です。外来では脳卒中、パーキンソン病、認知症、てんかん、神経免疫疾患などの診断、治療をおこなっています。毎日20~40人の初診患者さんがおいでになりますが、大半は初診日に、血液検査、頭部MRI,MRA検査、認知機能検査、電気生理学的検査(脳波、筋電図)、超音波検査などが完了します。早期に診断、治療方針をお話しできるのが誇りです。
退院後や、外来通院患者さんにはかかりつけの先生や訪問看護、介護スタッフと協力し、快適な在宅療養に向けたネットワークによる治療を大切にしています。
内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060102xx99xxxx 穿孔または膿瘍を伴わない憩室性疾患 手術なし 46 1.33 7.89 0.00 64.57
060130xx99000x 食道、胃、十二指腸、他腸の炎症(その他良性疾患) 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 46 1.50 7.44 0.00 60.15
040081xx99x00x 誤嚥性肺炎 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 42 19.69 21.25 9.52 82.17
060100xx99xxxx 小腸大腸の良性疾患(良性腫瘍を含む。) 手術なし 34 1.03 3.00 0.00 56.85
110310xx99xx0x 腎臓または尿路の感染症 手術なし 副傷病なし 34 11.03 12.43 8.82 79.29
 当院の内科は脳神経・運動器専門病院に多い疾患を中心に幅広く診療にあたっております。特に糖尿病、栄養管理、消化管合併症、誤嚥性肺炎等に力をいれています。 消化管については、上部・下部消化器内視鏡検査、内視鏡的ポリープ切除術、内視鏡的粘膜下層剥離術(ESD)等をおこなっています。また摂食嚥下障害があり、経口摂取が難しい方に内視鏡的胃ろう増設術(PEG)をおこなっています。
循環器科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
050130xx99000x 心不全 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 副傷病なし - - 17.95 - -
循環器科では心臓と血管の病気を扱います。現在は生活習慣病およびその結果としての動脈硬化による病気が増加しており、特にこれらの疾患の診療に力を入れています。 (※-:10症例未満は、厚生労働省保険局の「病院情報の公表」に係る病院情報の集計条件等によりハイフンの表示となっています)
形成外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
080220xx97xxxx エクリン汗腺の障害、アポクリン汗腺の障害 手術あり 6.77
160200xx0200xx 顔面損傷(口腔、咽頭損傷を含む。) 鼻骨骨折整復固定術等 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 5.80
160660xxxx1xxx 皮下軟部損傷・挫滅損傷、開放創 手術・処置等1あり 26.88
外傷、熱傷(やけど)、顔面骨折、体表面の先天奇形、眼瞼下垂、嵌入爪(まき爪)、皮膚腫瘍、母斑(あざ)、瘢痕・ケロイド、褥瘡・皮膚潰瘍、腋臭症(わきが)などを治療しています。岡山大学附属病院との連携を密にしており、顕微鏡下血管吻合術など高度な集中治療の必要な患者様の紹介、転院もスムーズにお受けしています。(※-:10症例未満は、厚生労働省保険局の「病院情報の公表」に係る病院情報の集計条件等によりハイフンの表示となっています)
初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数ファイルをダウンロード
初発 再発 病期分類
基準(※)
版数
Stage I Stage II Stage III Stage IV 不明
胃癌 1 7
大腸癌 1 7
乳癌 1 7
肺癌 1 7
肝癌 1 7
※ 1:UICC TNM分類,2:癌取扱い規約
現在、日本で最も罹患率の高い5つのがん(胃がん・大腸がん・乳がん・肺がん・肝がん)の病期(Stage)ごとの症例数を集計したものです。
内科では、胃、大腸の内視鏡検査等の検査入院を行っており、がんの早期発見に努めています。がんの確定に至らない場合のStageは不明となっています。病期(Stage)とは、がんの進行状態を示すものであり、0期からⅣ期の5つに分類されます。0期に近いほどがんが小さくとどまっている状態であり、Ⅳ期に近いほどがんが広がっている状態となります。(※-:10症例未満は、厚生労働省保険局の「病院情報の公表」に係る病院情報の集計条件等によりハイフンの表示となっています)
 当院では、上記5つのがんに含まれていません脳腫瘍(神経膠腫、髄膜腫、聴神経鞘腫、転移性脳腫瘍、悪性リンパ腫、下垂体腺腫など)の治療に力をいれています。医療機器は高度なものがそろっており、定位的放射線照射装置(サイバーナイフ)があるため、脳腫瘍の治療に際しても、疾患に応じて手術とサイバーナイフを組み合わせることにより、安全、低侵襲な治療をおこなっています。
成人市中肺炎の重症度別患者数等ファイルをダウンロード
患者数 平均
在院日数
平均年齢
軽症 10 8.70 45.70
中等症 13 17.31 79.85
重症
超重症
不明
成人(15歳以上)の肺炎患者さんについて重症度別に患者数、平均在院日数、平均年齢を集計したものです。(市中肺炎とは普段の生活の中で罹患した肺炎を言います。)肺炎は罹患率が高い上、死亡率も高く、悪性新生物、心疾患についで国民の死亡原因の上位に位置する疾患です。肺炎の診療には、総合的な対応が求められるため、多職種によるチーム医療が必要な疾患のひとつと言えます。
 当院では、市中肺炎・院内肺炎ガイドラインに準じて適正な抗菌薬を選択し、入院期間の短期化・耐性化予防をはかる一方、重症例では人工呼吸管理・栄養管理を含む全身管理を実施し、救命率の向上に努めております。
(※-:10症例未満は、厚生労働省保険局の「病院情報の公表」に係る病院情報の集計条件等によりハイフンの表示となっています)
脳梗塞のICD10別患者数等ファイルをダウンロード
ICD10 傷病名 発症日から 患者数 平均在院日数 平均年齢 転院率
G45$ 一過性脳虚血発作及び関連症候群 - 35 4.54 72.54 0.00
G46$ 脳血管疾患における脳の血管(性)症候群 -
I63$ 脳梗塞 3日以内 416 20.93 75.68 26.34
その他 32 14.81 72.28 1.79
I65$ 脳実質外動脈の閉塞及び狭窄,脳梗塞に至らなかったもの - 25 6.00 72.72 8.00
I66$ 脳動脈の閉塞及び狭窄,脳梗塞に至らなかったもの -
I675 もやもや病<ウイリス動脈輪閉塞症> -
I679 脳血管疾患,詳細不明 -
脳梗塞の患者数・在院日数・平均年齢・転院率を集計しています。
脳梗塞の患者さんのほとんどが60代~80代となっています。また、転院率が約30%となっていますが当院では転院する場合は地域連携パスを使用しています。
診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)ファイルをダウンロード
整形外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K068-2 関節鏡下半月板切除術 109 1.12 3.29 0.00 63.71
K0461 骨折観血的手術(肩甲骨,上腕,大腿) 100 1.88 21.55 43.00 79.14
K0483 骨内異物(挿入物を含む)除去術(前腕,下腿) 100 0.59 3.33 0.00 50.23
K0821 人工関節置換術(肩,股,膝) 78 4.28 29.10 7.69 75.46
K0732 関節内骨折観血的手術(胸鎖,手,足) 70 2.07 14.60 4.29 53.70
整形外科では、筋骨格系疾患の手術、特に膝などの関節外科手術と外傷や骨折の手術を数多く行っています。トップ5は表に示しておりますように、1位関節鏡下半月板切除術、2位骨折観血的手術(肩甲骨,上腕,大腿)、3位骨内異物(挿入物を含む)除去術(前腕,下腿)、4位人工関節置換術(肩,股,膝)、5位関節内骨折観血的手術(胸鎖,手,足)となっております。
(※上記集計は、退院時の診療科で集計されているため、他診療科で治療および転科等により他診療科で退院した場合は、集計に含まれていません。)
脳神経外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K164-2 慢性硬膜下血腫穿孔洗浄術 83 0.30 7.49 10.84 78.76
K1771 脳動脈瘤頸部クリッピング(1箇所) 33 0.85 21.73 12.12 65.21
K1692 頭蓋内腫瘍摘出術(その他) 26 2.50 20.19 23.08 55.81
K1643 頭蓋内血腫除去術(開頭)(脳内) 12 2.50 37.25 91.67 75.17
K1642 頭蓋内血腫除去術(開頭)(硬膜下)
脳神経外科では、くも膜下出血、未破裂脳動脈瘤・脳内出血、もやもや病などの脳血管障害に対する外科的治療、脳・脊髄腫瘍、頭部外傷、顔面痙攣や三叉神経痛などの機能的神経疾患、頚椎椎間板ヘルニア・頸椎症など脊髄疾患など、様々な脳・神経系の疾患を治療の対象にしています。
 当院は脳神経・運動器の専門病院であり脳神経外科はその中核の一つです。脳神経外科専門医のほか、神経内科、放射線科など全国的にみても脳神経外科および関連領域スタッフは豊富です。
脳梗塞に対しては主として神経内科が対応しており、脳神経外科は頚動脈内膜剥離術やバイパス手術などを担当するとともに、神経内科と協力して超急性期血管内手術にあたっています。また手術室では、ナビゲーションシステムや術中モニタリングが臨床工学士や検査技師の協力により安全確実な手術に大きく貢献しています。手術室・ICUは麻酔科の協力により効率よく運用されており、毎日脳神経外科手術専用室での手術が可能であり、緊急手術に対応しています。また、リハビリは急性期から週7日土日祝日もおこなっています。
(※上記集計は、退院時の診療科で集計されているため、他診療科で治療および転科等により他診療科で退院した場合は、集計に含まれていません。)
神経内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K664 胃瘻造設術(経皮的内視鏡下胃瘻造設術、腹腔鏡下胃瘻造設術を含む) 36 34.92 27.75 55.56 80.78
K609-2 経皮的頸動脈ステント留置術
K0811 人工骨頭挿入術(肩,股)
K1781 脳血管内手術(1箇所)
K178-4 経皮的脳血栓回収術
当院神経内科は、入院においては脳卒中センターでの活動を中心に、パーキンソン病、てんかん、髄膜炎など、神経疾患急性期や急性増悪時の救急対応に重点を置いています。脳神経外科、放射線科、内科、麻酔科など、小規模専門病院ならではの他科との素早い連携がポイントです。近年は頚動脈ステント、動脈瘤コイリングなどの血管内手術も増加してきています。主診療科を脳神経外科のまま、血管内手術を行うことも多く、神経内科の上位3位にはあがっていません。整形外科領域の手術が上位3位にあがっていますが、整形外科より転科し、最終的に神経内科で退院されたため集計に上がっています。
(※-:10症例未満は、厚生労働省保険局の「病院情報の公表」に係る病院情報の集計条件等によりハイフンの表示となっています。また退院時の診療科で集計されているため、他診療科で治療および転科等により他診療科で退院した場合は、集計に含まれていません。)
内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K7211 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術(長径2cm未満) 59 0.10 0.22 0.00 60.27
K664 胃瘻造設術(経皮的内視鏡下胃瘻造設術、腹腔鏡下胃瘻造設術を含む) 35 7.57 11.26 54.29 81.57
K7212 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術(長径2cm以上)
K654 内視鏡的消化管止血術
K722 小腸結腸内視鏡的止血術
当院の内科は脳神経・運動器専門病院に多い疾患を中心に幅広く診療にあたっております。特に糖尿病、栄養管理、消化管合併症、誤嚥性肺炎等に力をいれています。 消化管については、上部・下部消化器内視鏡検査、内視鏡的ポリープ切除術、内視鏡的粘膜下層剥離術(ESD)等をおこなっています。また摂食嚥下障害があり、経口摂取が難しい方に内視鏡的胃ろう増設術(PEG)をおこなっています。
(※上記集計は、退院時の診療科で集計されているため、他診療科で治療および転科等により他診療科で退院した場合は、集計に含まれていません。)
形成外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K0081 腋臭症手術(皮弁法)
K0133 分層植皮術(100cm2以上200cm2未満)
K427 頬骨骨折観血的整復術
外傷、熱傷(やけど)、顔面骨折、体表面の先天奇形、眼瞼下垂、嵌入爪(まき爪)、皮膚腫瘍、母斑(あざ)、瘢痕・ケロイド、褥瘡・皮膚潰瘍、腋臭症(わきが)などを治療しています。岡山大学附属病院との連携を密にしており、顕微鏡下血管吻合術など高度な集中治療の必要な患者様の紹介、転院もスムーズにお受けしています。(※-:10症例未満は、厚生労働省保険局の「病院情報の公表」に係る病院情報の集計条件等によりハイフンの表示となっています)
その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)ファイルをダウンロード
DPC 傷病名 入院契機 症例数 発生率
130100 播種性血管内凝固症候群 同一
異なる
180010 敗血症 同一
異なる
180035 その他の真菌感染症 同一
異なる
180040 手術・処置等の合併症 同一
異なる
医療の質の改善に資するため、臨床上ゼロにはなりえないものの少しでも改善すべきものとして定義される感染症および合併症の発生率を示したものです。当然、発症率が低いほうが良いのですが、免疫力が低下しているときに合併して発症することが多いため、コントロールが困難な症例と言えます。入院契機の項目は入院時に診断された傷病名と最終的に診断された傷病名が同一であるかの区分です。。(※-:10症例未満は、厚生労働省保険局の「病院情報の公表」に係る病院情報の集計条件等によりハイフンの表示となっています)
更新履歴
2017年9月25日
病院指標を公開