岡山旭東病院
 岡山旭東病院は脳・神経・運動器疾患の治療に力を入れています
We treat all of neurological and motor system diseases.
当院の役割ご利用の皆さまへ地域の皆さまへ診療報告当院の取り組み医療関係の方へ医療機器・検査技術
>> トップページへ >>センター
<センター>
健康センター
PET・RI
サイバーナイフ
脳卒中センター
<医療機器・検査技術>
核医学検査
MR
CT
サイバーナイフ
骨塩定量検査
血管造影検査
一般撮影検査
PLDD
より精度の高い診断を追求、指摘困難な病変まで微細に、しかも幅広く診断
PET・RIセンターは2004年4月にオープンしました。診断機器はPET-CT装置(PETとCTの複合機)2台、SPECT-CT装置1台です。前者では主にがん診療、がんドック、後者は脳血流、心臓病、自律神経障害、骨等の診断をおこなっています。
FDG-PET検査は糖分に微量の放射線物質を結合させたFDG(フルオロデオキシグルコース)を使った検査です。腫瘍が多く糖分を使う性質を利用しています。
FDG-PET検査は一部に診断が苦手な腫瘍(小さい、癌細胞密度が低い)や部位(脳、尿経路、胃など)があります。しかし体への負担が少なく、広い範囲を一度に観察でき、CTなどはでは指摘困難な病変を、別の視点、つまり糖分の利用度合いから、診断できる点が優れています。PET-CT装置ではCTの画像をFDG-PETの画像に重ね合わせることで、さらに診断精度が向上します。多くの症例で臨床的な有用性が示されています。
問診
PET-CT検査の前には、病歴、検査歴、現在の状態の把握、検査の説明をおこなっています。疑問点があれば、ご理解いただけるよう、その場で対応しています。
PET-CT装置
安静室
PET-CT検査
検査は4時間の絶食後、お薬(FDG)を注射して1時間の安静後、約30分撮影します。
CT(コンピュータ断層撮影)装置とPET(陽電子放射断層撮影装置)の画像をコンピュータ上で重ね合わせて診断します。
>>診療情報提供書MRIPET
>>検査症例画像
>>がんドックについて
RI(ラジオアイソトープ)検査

RI(ラジオアイソトープ)装置
同位元素を用いた画像検査です。RIを注射し、数時間〜数日後にSPECT-CT装置で撮影をします。体に負担が少なく、全身を観察でき、病気の性質(代謝情報)が得られる検査です。代謝情報と解剖学的情報を観察できる最新機器が導入されています。
関連施設 | 患者様の権利 | 個人情報保護方針 | サイトマップ | お問合せ | リンク
 〒703-8265 岡山県岡山市中区倉田567-1 Tel.086-276-3231/Fax.086-274-1028
(C) 2006 Okayama Kyokuto Hospital All right reserved.