PETがんドック

がんドックAを予約するがんドックBを予約するがん・脳ドックを予約する
検査項目一覧(PDF)オプション検査一覧(PDF)

がん対策の基本は早期発見・早期治療

 

健康であることの大切さは元気な時には気づきにくいもの。身の回りの誰かが病気になった時、あらためてその大切さに気づかされます。現在、日本人の死因第一位を占めている「がん」は自覚症状が出た時には症状がかなり進行している場合が多く、身体はもちろん治療に要する時間や費用の負担も大きくなります。そのためには早期発見・早期治療が有効手段とされています。

PETーCTとは?

PET-CTとは、PETとCTの良い機能を合体させた装置です。PETとは、代謝や血流など身体の中の機能をとらえる装置で、特に活発に増殖するがん細胞を薬の集まる様子で画像化できるので、がんの発見に有効です。しかし、PETだけでは病気の位置を正確に判断するのは難しいと言えます。
一方、CTは体内の物の形や位置を正確に把握することができる装置ですが、病気の診断は十分におこなえませんでした。
PET-CTでは、一度でこの2つの画像を撮影し、PETの画像とCTの画像を重ね合わせ、病変部の、より迅速かつ正確な診断と位置特定ができます。

PET-CT検査の仕組み

がん細胞は正常な細胞よりもたくさんのブドウ糖を摂取します。その性質を利用して、ブドウ糖によく似たFDGという薬を静脈から駐車してがん細胞に集まった様子をPET-CTで撮影し、がんの有無(現在診断、良悪性診断)やその広がり(転移など)を調べます。

PET-CT検査の特徴

より精度を高める複合検査で総合診断を

PET-CT装置では、全身(頭頂部からふとももまで)の検査をおこなうことができます。しかし、腎臓、膀胱、肝臓、胃、前立腺などPET-CTの画像だけでは診断が難しい部分もあります。それを補うためには、血液検査、超音波検査、MRI等を用いた複合検査により、さらに高い精度での総合的診断をおこないます。

がんドックAを予約するがんドックBを予約するがん・脳ドックを予約する
検査項目一覧(PDF)オプション検査一覧(PDF)


脳ドック

脳ドックを予約するがん・脳ドックを予約する 検査項目一覧(PDF)オプション検査一覧(PDF)

当院の脳ドックは、脳・神経の専門医による高精度な総合的脳診断です。

 

現代社会は、日々のストレス、精神的なプレッシャーなども加わり、脳にかかる負担は計りしれないものになっています。日本人の死因として、がん、心疾患、肺疾患に次いで多いのが脳卒中(脳血管疾患)です。手足の麻痺や 言語障害など、後遺症が残る場合が最も多い脳の病気は、本人だけでなく家族にも体力、精神的な負担を与えます。脳の発病してから治療するよりも、予防することが大切です。脳障害の早期発見・早期治療のために脳ドックが役立つことを願っています。

MR検査とは?

MR検査は放射線を使うことなく体内の状態を外部から検査する方法です。強力な磁石と電波を使い、体内の状態を画像にしていきます。寝ているだけで自由な方向の画像を得ることができるため、病変を多角度から診断できます。検査には、脳の実質をみるMRIと脳の血管をMRAの2種類があります。検査はわずか20分程度仰向けに寝ているだけで、痛みを伴うことはありません。検査中はオペレーターとマイクを通していつでも会話できるので安心です。

精度を高める関連検査

発見される病変

脳ドックを予約するがん・脳ドックを予約する 検査項目一覧(PDF)オプション検査一覧(PDF)
岡山旭東病院 健康センター 〒713-8265 岡山県岡山市中区倉田567-1 TEL:086-276-7870 FAX:086-276-7740
Copyright Okayama Kyokuto Hospital Healthcar Center All Rights Reserved.