岡山旭東病院
 岡山旭東病院は脳・神経・運動器疾患の治療に力を入れています
We treat all of neurological and motor system diseases.
>> トップページへ >>地域の皆様へ >>情報コーナー 健康の駅
 
>>2017年
展示作品募集中
 情報コーナー健康の駅に併設しているギャラリーにあなたの作品を展示してみませんか?
展示をご希望の方は、企画広報室までご連絡ください。  
<<展示規定書展示規程書・展示会場平面図(PDF)>>
2018年 
押し花作品展 8/3(金)〜8/30(木)最終日14時まで
押し花展
 四季折々の花・草・野菜などを乾燥させて、構図を考え押花絵の作品に表現してみました。どうぞ、ごゆっくりご覧ください。

尾崎 二三子

残しておきたい風景展 6/29(金)〜8/2(木)最終日10時まで
 
私は、きれいな絵は描きません。食料を作り続けてきた人達を住めなくし、お年寄りだけ残し、空き家を増やし続けているのはだれの責任か。あまりにも富の分配が偏っている。力は小さいけれど真っ直ぐものを見て、世の不合理を絵で訴え続けてまいります。

山本峰三(76歳)

荒木 雄一郎 水彩・油彩展 6/4(月)〜6/27(水)最終日15時まで
 私の人生で中津瀬画伯との出会いが絵を描き始める大きなきっかけとなりました。そして、似顔絵ではなく絵における女性の美しさを表現しようとひたすら描き続けてきました。このような私の思いを皆様に汲みとっていただけたら幸甚です。

荒木雄一郎

川崎医療福祉大学 医療福祉デザイン学科
卒業制作選抜展 2018
4/27(金)〜5/31(木)最終日14時まで
  
 私たちにとって「デザイン」とは何でしょう?ポスター、イラスト、家具など多種多様なデザインは生活をよりよくしてくれる存在です。私たち医療福祉デザイン学科では、各コースで知識や技術を学び、医療・福祉分野におけるデザインとは何かを考えながら作品制作を行っています。
「人に寄り添うデザインを目指して」今回の制作展はそんな思いで出来上がった4年間の集大成です。大学生ならではの視点や発想の数々から私たちの思いを感じてもらえれば幸いです。
まだまだ未熟な私たちですが、それぞれの分野でそれぞれの優しさ、思いを込めました。作品を通し、医療・福祉分野のデザインについてより多くの方々に興味・関心を持っていただければと思います。

医療福祉デザイン学科15期生

後藤敏恵 水彩画展
 4/4(水)〜4/24(火)
  
植物って美しい。
いつも「花は花らしく、葉っぱは葉っぱらしく」、「植物それぞれの持ち味を描き出したい」と願って描いています。
 

ギャラリートーク


4/10(火)15時〜16時
米澤尚汰 写真展 3/5(月)〜3/30(金)最終日13時まで
  
 岡山大学医学部で医学の勉強をする傍ら、趣味で写真をしております。病院に来られた患者さんの生活に少しでも彩を添えられたらと思い、写真展を開かせていただくことになりました。 岡山旭東病院のシンボル、ライアン・ガンダー氏のモニュメントにインスピレーションを受け、写真展のテーマを「和」としました。「和」には、なごやか、仲の良いこと、調和、加えることなど様々な意味があります。写真を通していろんな「和」を感じていただけたらと思います。

 


米澤 尚汰
目澤孝 備前焼作品展   1/26(金)〜
2/28(水)最終日13時まで
  
昭和49年 岡山県無形文化財故藤原建先生に師事。
昭和61年 赤磐市奥吉原に築窯。
展示した焼物が、ほんの気晴らしにでもなりましたら幸いに思います。
目澤 孝
 
 〒703-8265 岡山県岡山市中区倉田567-1 Tel.086-276-3231/Fax.086-274-1028
(C) 2006 Okayama Kyokuto Hospital All right reserved.